本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[岩手県] [2010年度 第3回認定]
岩手県産小麦を活用した簡単・短時間で調理可能な長期保存半焼成パン等の開発と販路開拓

岩手県産小麦“ゆきちから”“もち姫”の特性を活かした長期保存型半焼成パンの開発と販路開拓を行う。

連携体

農林漁業者 (有)盛川農場(農業)

高度な小麦栽培技術を活用し、本商品に適した品種栽培と作付面積拡大の両面から安定的な小麦の供給に取り組む。
中小企業者 (株)エピ(食料品製造業)

小麦本来の風味と特性を活用した長期保存を可能とする無添加半焼成パンを開発・製造し、販売する。
連携参加者 (株)府金製粉(食料品製造業)、(独)農業・食品産業技術総合研究機構東北農業研究センター、(株)ミッシェル(飲食料品小売業)

安定した高品質な小麦粉の供給、小麦安定栽培のための支援、開発商品のマーケティング調査及び販売を担当する。
サポート機関等 花巻市起業化支援センター、(独)中小機構東北

連携の経緯

(左)オーブントースター(右)電子レンジ対応半焼成パン

(左)オーブントースター(右)電子レンジ対応半焼
成パン

半焼成パンの原料に適した小麦の栽培技術を有する生産者を探していた(株)エピと、高度な小麦栽培技術を有し、品種特性を活かした需要開拓と契約栽培による経営の安定化を目指していた(有)盛川農場が、東北農業研究センターを通じて出会い、連携するに至った。

連携に当たっての課題や工夫

(左)ゆきちから(右)もち姫

(左)ゆきちから(右)もち姫

(有)盛川農場は、高たんぱく含有とその安定化を目指し、圃場の土壌改良、施肥、耐病対策等の栽培技術を確立する。(株)エピは、一般的なパン製造とは異なる独自の自然酵母やミキシング技術で、当該小麦の特性を活かした長期保存を可能とする無添加半焼成パンを開発するとともに、インターネット販売による直売、及び(株)ミッシェルが有する店舗や食品卸商社等を活用して販路拡大を図る。


連携による効果

農林漁業者 3年で160万円の売上高、契約栽培による経営の安定化、遊休農地の有効活用

遊休農地活用による生産拡大と高度な小麦栽培技術による収量向上と契約栽培により、利益の向上と経営の安定が期待される。
中小企業者 4年で3,350万円の売上高増加、収益性の改善

長期保存型半焼成パンの事業展開を図ることにより、売上の増加と収益性の改善が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社エピ
所在地:
岩手県花巻市桜台2丁目2-1
電話番号:
0198-21-3555
FAX番号:
0198-21-5658

認定日:2011年2月 8日



このページの先頭へ