本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[石川県] [2009年度 第2回認定]
加賀野菜「五郎島金時(さつまいも)」を活用したカット野菜の開発製造販売

加賀野菜「五郎島金時」を活用し差別化した商品開発を行い、新たな販路開拓を行う。

連携体

農林漁業者 JA金沢市五郎島さつまいも部会(農業)

高品質な五郎島金時の栽培技術力を活かし、安定した生産・履歴管理に取り組む。
中小企業者 (有)かわに(食料品製造業)

カット野菜の開発に取り組み、五郎島金時の新しい販路拡大に取り組む。
連携参加者
サポート機関等 地域活性化支援事務局

連携の経緯

五郎島金時はJA金沢市五郎島さつまいも部会によって主に生芋で出荷されていたが、生芋だけでは販売力が弱く下位等級品の安定した流通が行えなかった。そこで従来から五郎島金時のペースト加工を行っていた(有)かわにとその加工能力を生かした五郎島金時の新しい販路拡大を検討し、カット野菜という新しい連携事業を開始することに至った。

連携に当たっての課題や工夫

JA金沢市五郎島さつまいも部会は圃場ごとに施肥・潅水の工夫を行い食味の安定に努めている。また、収穫後に低温施設等に貯蔵し、収穫後の品質・食味の保全に努めている。(有)かわにはさつまいも加工技術を生かし、不揃いのさつまいもや傷のついたものでも加工により一定品質の商品を提供する。その為の作業工程の見直しで、食味・品質の安定、研究を行う。また他社商品との差別化を図るため、品質保持の取り組みや効果的な販売戦略の確立を図る。


連携による効果

農林漁業者 4年後3,000万円の売上高増加、下位等級品の高付加価値化

五郎島金時の下位等級品を利用したカット野菜が流通することで収益性の向上が期待される。
中小企業者 4年後6,375万円の売上高増加、新規需要開拓

新たな五郎島金時の商品展開により、収益性の向上が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
有限会社かわに
所在地:
石川県金沢市粟崎町ホ92番地3
電話番号:
076-267-2976
FAX番号:
076-267-2973

認定日:2009年9月18日



このページの先頭へ