本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[石川県] [2008年度 第3回認定]
中島菜を活用したスイーツの開発・製造・販売

連携体 中小企業者:(有)みやけ食品(食料品製造業)
農林漁業者:能登わかば農業協同組合(農業)
連携参加者:能登野菜振興協議会(農業)
サポート機関等 七尾商工会議所、地域活性化支援事務局、石川県農業総合研究センター

事業概要

中島菜(原菜)

中島菜(原菜)

連携の経緯

能登わかば農業協同組合は、石川県の戦略作物である中島菜の販路拡大を図る中で、これまでの「チップ化」や「粉末化」による用途拡大に加えて、新たに「ペースト状」に加工した製品の活用に着目し、他品目での取引があった(有)みやけ食品と当事業について協力、連携を開始した。
 また、能登野菜振興協議会は、中島菜の販売に関する広報活動に協力する形で連携体に参加することとなった。


中島菜ぷりん

中島菜ぷりん

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

原料となる中島菜は、ほうれん草など他の葉物野菜に比べてビタミンCが豊富に含まれていることが明らかになっており、健康志向ブームの中テレビで放映されるなどマスコミ等で注目され、地元はもとより全国的にも知られるようになった。本事業では、中島菜のペースト化によって、利用用途が拡大し、老若男女に愛され、健康を支える「中島菜入りスイーツ」の開発・製造と市場開拓を行うとともに、中島菜の用途拡大を図る。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・40,000千円(平成25年度)
  • 地域ブランド「中島菜」の確立
  • 「中島菜」の消費拡大と産地の活性化

代表企業等の連絡先

代表者:
有限会社みやけ食品
所在地:
石川県七尾市千野町へ部18番地
電話番号:
0767-57-2838
FAX番号:
0767-57-2258

認定日:2009年2月25日



このページの先頭へ