本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[石川県] [2008年度 第3回認定]
清酒の醗酵技術を応用したノンアルコール醗酵食品の開発及び製造販売をする事業

連携体 中小企業者:(株)福光屋(飲料・たばこ・飼料製造業)
農林漁業者:たじま農業協同組合(農業)
連携参加者:
サポート機関等 地域活性化支援事務局、兵庫県豊岡市(コウノトリ共生部)、兵庫県豊岡農業改良普及センター

事業概要

「フクノハナ」稲刈り

「フクノハナ」稲刈り

連携の経緯

酒造メーカーである(株)福光屋はお米の醗酵技術を応用したノンアルコール醗酵食品の製造・販売を計画。商品開発には、品質が高く安心・安全な酒米が欠かせないことから、従来から、兵庫県豊岡市出石町だけで生産されている酒米「フクノハナ」を使用した純米酒「コウノトリの贈り物」の製造で連携しているたじま農業協同組合と本事業を開始した。


商品イメージ

商品イメージ

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

日本古来からの健康食品である甘酒の醗酵・製造技術をベスに果汁や野菜を加えたドリンクやゼリ等の商品を開発・生産。「離乳食」や「介護食」など手軽に必要な栄養を得られる高機能食品を新たなブランドとして販売し、市場開拓を行う。また、本商品に欠かせない酒米である「フクノハナ」は、コウノトリが住める自然環境のもとで生産される安心・安全なお米であり、平成20年、無農薬・有機肥料による有機米として有機JAS認定を受けている。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・150,000千円(平成25年度)
  • 本連携に伴う新規雇用創出者数・・・6名(平成25年度・連携体全体)
  • 他地域との連携における地域特産物の知名度向上
  • 新たな醗酵商品ブランドの確立
  • 「フクノハナ」の消費拡大と産地の活性化

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社福光屋
所在地:
石川県金沢市石引2-3-8
電話番号:
076-223-1161
FAX番号:
076-223-1172

認定日:2009年2月25日



このページの先頭へ