本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[石川県] [2008年度 第1回認定]
カットした石川県産野菜を中心にスチーム・ベジタブル化(過熱加工)した商品の製造販売

連携体 中小企業者:(株)セイツー(製造業)
農林漁業者:(株)くらた農産(農業)
連携参加者: 
サポート機関等 (財)石川県産業創出支援機構、地域活性化支援事務局

事業概要

(有)くらた農産のキャベツ畑

(有)くらた農産のキャベツ畑

連携の経緯

(株)セイツーは、安心・安全な野菜を手軽で簡単にたくさん食べていただくため、過熱加工したスチーム・ベジタブルの製造・販売を計画。一方、商品開発には、品質が高く安心・安全な国産野菜が欠かせないが、従来から、「土づくり」の指導と取引を行っており、生産する野菜の品質の高さを認識していた(有)くらた農産と、連携を開始した。


SV商品

SV商品

新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

カットした野菜を高温過熱したSV(スチーム・ベジタブル)商品は、外食産業等において野菜のカットやボイルなどの調理の手間を省くほか、素材本来の栄養価を損なわず、野菜の色が鮮やかになり美味しさを保持するという優位性を有している。健康志向や、安心安全な国産野菜への国民の意識が高まってきている中、このような優位性を有する新商品「スチームベジタブル」の急速冷凍加工による消費期限の長期化にも取り組むことにより更なる競争力の強化と新たな市場開拓を行う。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高…6,000万円(平成24年度)
  • 本連携に伴う新規雇用創出者数…7名(平成24年度・連携体全体)
  • 規格外品の商品化やカット残渣の堆肥化による廃棄物の削減
  • 大都市圏への市場の拡大

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社セイツー
所在地:
石川県能美郡川北町田子島ヌ57-7
電話番号:
076-277-3021
FAX番号:
076-277-3983

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ