本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[茨城県] [2009年度 第3回認定]
奥久慈産「常陸大黒」を使った菓子シリーズの開発と販売

「常陸大黒」を使用した地域の特産品となる菓子シリーズの開発と地域内外に向け販路の拡大を行う。

連携体

農林漁業者 JA茨城みどり(協同組合)

常陸大黒の栽培技術や二期作のノウハウを活かした生産量の向上と安定供給、無選別化での低価格化を図る。
中小企業者 (株)奥久慈屋吉餅(飲食料品小売業・宿泊業)

「常陸大黒」を使用した地域特産品となる菓子をシリーズ化し、「常陸大黒」のブランド化や販路拡大を行う。
連携参加者 袋田食品(株)(飲食料品小売業・宿泊業)

人的支援や販売ネットワークの支援を行う。
サポート機関等 茨城県商工会連合会、地域活性化支援事務局

連携の経緯

袋田食品(株)は大子を訪れる観光客へ地元の特産品を用いた商品開発の必要性を感じ(株)奥久慈屋吉餅を設立したが、原材料の安定確保が課題であった。そのような中、高齢化に対する作業負担の軽減と効率的な生産による増産を目指すJA茨城みどりと思惑が合致し連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

奥久慈屋吉餅とJA茨城みどりの農家ネットワークとの協議により
(1)二期作ノウハウによる新しい生産方法を活用した増産体制
(2)無選別の納品により、中小企業者は規格外常陸大黒を含む無選別常陸大黒を活用した特産品菓子の開発を行う。


連携による効果

農林漁業者 4年で2,700万円の売上高増加、栽培面積26aの拡大

無選別出荷による作業の効率化と規格外商品の商品化が図れ、農家の収益が向上する。
中小企業者 5年で2,200万円の売上高増加、収益性の改善

銘産品として地域内・外で販売を行うことで、奥久慈地方への新しい観光客の創造とリピート客の増加に貢献する。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社奥久慈屋吉餅
所在地:
茨城県久慈郡大子町袋田2247-7
電話番号:
0295-72-1155
FAX番号:
0295-72-1242

認定日:2010年2月10日



このページの先頭へ