本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[茨城県] [2008年度 第3回認定]
新品種豚「つくば豚」の開発とつくば豚活用商品の開発・販売

連携体 中小企業者:(有)筑波ハム(食料品製造業)
農林漁業者:萩島一成(養豚業)
連携参加者:プレスクライブ・ゲノミックス(株)(学術・開発研究機関)
サポート機関等 茨城県商工会連合会、地域活性化支援事務局

事業概要

萩島養豚所

萩島養豚所

連携の経緯

養豚家萩島一成と有限会社筑波ハムは、従来から「ローズポーク」の育成及び加工商品開発で協力しており、その味は茨城県内外から高い評価を得ていた。しかし、経験豊富な畜産農家によって飼育された豚肉でも、脂肪含有量にばらつきがあり、同様に仕入・加工しても品質に差ができてしまう状況がみられた。そこで両者は、良質な遺伝子選定と交配によって、筋肉中脂肪分が一定の新品種豚「つくば豚」を開発・生産し、「つくば豚」を原材料とするハンバーグや生ウィンナー等の惣菜を製造・販売するために連携した。


アイスバイン(骨付き豚すね肉の塩漬け)

アイスバイン(骨付き豚すね肉の塩漬け)

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

「つくば豚」は、遺伝子測定技術を利用した、今までにない全く新たな豚である。消費者に好まれる、適性脂肪含有量を持つ豚のみを肥育・販売していくので、商品の当たり外れがなく、消費者の期待に背くようなことがない。また、つくば市とその周辺地域の畜産業者とともに本計画に取り組んでいくことによって、トレーサビリティを含めた安全性と地域性を両立した、積極的なブランド構築を実現し、全国的な需要開拓を図っていく。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高:2,025万円(平成25年度)
  • 地域ブランド「つくば豚」の確立
  • 周辺地域の畜産業者に対する新品種豚生産ノウハウの提供

代表企業等の連絡先

代表者:
有限会社筑波ハム
所在地:
茨城県つくば市大字下平塚383
電話番号:
029-856-1953
FAX番号:
029-856-1958

認定日:2009年3月19日



このページの先頭へ