本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[茨城県] [2008年度 第2回認定]
伝統野菜の復活!!栄養抜群、安心安全の究極の漬物開発と販売

連携体 中小企業者:(有)菜香や(野菜漬物製造業)
農林漁業者:国松農園(野菜作農業)、(有)カワスミ(野菜作農業)
連携参加者:農事生産組合野菜村(野菜卸売業)
サポート機関等 (財)茨城県中小企業振興公社、(株)常陽銀行、地域活性化支援事務局

事業概要

ブルーム胡瓜

連携の経緯

(有)菜香やは地場産野菜を中心に漬物の製造販売を行っているが、「食の安全」「地産地消」など、野菜に対するこだわりを持った顧客の要望に応える漬物の開発が課題となっている。また農林漁業者は、現在の野菜は相次ぐ品種改良の中で栄養価が低下しており、昔ながらの栄養価が高い野菜を栽培したいと考えていた。
そこで、農林漁業者の減農薬減化学肥料栽培技術、無農薬栽培技術を活かして栽培した漬物に適した伝統野菜を、(有)菜香やの漬物無添加製造技術によって加工し、鮮度及び栄養価を重要視した漬物を開発することとなった。


白はぐら瓜

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

他社での取り扱いが少ない伝統野菜の栽培・漬物素材への活用に取り組む。受注・生産方式を導入する事により、野菜の無駄が無くなって効率的な生産が可能となり、利益率を向上させる。また、「なかやくらぶ」という食(野菜)にこだわりをもった固定客を保有することが競争力となる。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・2,000万円(平成25年度)
  • 地産地消型ビジネスモデルの確立

代表企業等の連絡先

代表者:
有限会社菜香や
所在地:
茨城県筑西市下中山595-4
電話番号:
0296-21-0566
FAX番号:
0296-21-0766

認定日:2008年12月16日



このページの先頭へ