本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[茨城県] [2008年度 第1回認定]
国産パプリカを使った、発色が良く、栄養素を保持したペースト商品の開発及び販売

連携体 中小企業者:(株)オーピーシートレーディング(野菜缶詰、果実缶詰、農産保存食料品加工業)
農林漁業者:(株)Tedy(野菜作農業)
連携参加者:京成ホテル(株)
サポート機関等 (財)茨城県中小企業振興公社、(株)常陽銀行、地域活性化支援事務局

事業概要

新温室でのパプリカ栽培

新温室でのパプリカ栽培

連携の経緯

(株)Tedyは、新温室を建設しパプリカの通年栽培に取り組み始めた。収穫量が飛躍的に増加する一方、外観(色や形)の悪い規格外パプリカも増え、味覚に変わりがないにもかかわらず、安価での販売を余儀なくされる商品が増加するという新たな経営課題が発生していた。
 そこで、野菜加工設備・技術に優れ、ISO9001を取得し、また、有機JAS認定工場でもある(株)オーピーシートレーディングと連携し、「パプリカのペースト加工商品の開発」という高付加価値化を計画することとなった。


ペーストパプリカ

ペーストパプリカ

新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

パプリカには、「外観(見た目でも楽しめる鮮やかな色)」「食味(野菜とは思えない甘さ)」「栄養価(豊富なビタミン)」という特徴があり、『健康ニーズ』に対応できる商品である。
 また、国内におけるパプリカ市場は、輸入品が9割を占め ており、JGAP認証・エコファーマー認定を取得している。
(株)Tedyのパプリカは、『食の安全ニーズ』にも対応できる商品である。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・1,700万円(平成25年度)
  • 「外観(色)」の悪いB級品・C級品の有効活用

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社Tedy
所在地:
茨城県水戸市小吹町236-1
電話番号:
029-350-1747
FAX番号:
029-243-9724

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ