本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[茨城県] [2008年度 第1回認定]
中食市場向けに鮮度保持システムを導入した新品種レタスの開発及び販売

連携体 中小企業者:(有)クリアライズ(野菜作サービス業・卸売業)
農林漁業者:稲垣景、浅川宏(野菜作農業)
連携参加者:(株)ロックフィールド、シンジェンタシード(株)、日本金属化学(株)、ヨシハラ農事(株)、片倉チッカリン(株)、(独)日本原子力研究開発機構
サポート機関等 (財)茨城県中小企業振興公社、(株)常陽銀行、地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

(有)クリアライズは農産物の企画・生産管理・物流・販売等を行う中で、サラダ等の加工・販売業者である(株)ロックフィールドに対して、更なる新商品の開発を計画。以前より取引のあった生産者と当事業について協力、連携を開始した。
 更に、新商品の高付加価値化のため、今まであいまいであった鮮度を数値化し明示していく仕組みを実用化するため、(独)日本原子力研究開発機構や日本金属化学(株)と連携することとなった。


新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

年々拡大を続ける中食市場のうちサラダ等の加工・販売業者に対して、見た目が鮮やかで、よりシャキシャキとした食感等を持ったヨーロッパ系新品種レタスを開発し販売する仕組みを構築するとともに、鮮度を明確な指標として明示していく仕組みの実用化と高鮮度物流システムの構築を行う。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・7,026万円(平成25年度)
  • 本連携に伴う新規雇用創出者数・・15名(平成25年度・連携体全体)
  • 新品種レタスの安定的生産及び供給ルートの確立

代表企業等の連絡先

代表者:
有限会社クリアライズ
所在地:
茨城県古河市下辺見2987
電話番号:
0280-30-8070
FAX番号:
0280-30-8087

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ