本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[兵庫県] [2012年度 第2回認定]
淡路島産農産物を活用した加工食品及び各種食材の開発と販売

淡路島で遊休農地を活用して新規に野菜等の生産に取り組む農業者との連携により、淡路島産農産物を活用したオリジナル調理メニュー及び野菜ペースト、各種ソース・スープ等の新商品を開発し、主に外食産業、学校給食、産業給食の業務用として販売する。

連携体

農林漁業者 ベストファーム(株) 、(有)イザナギ開発 (以上、農業)

加工食品及び各種食材の原材料となる淡路島産野菜の必要量を供給するため、必要野菜の計画栽培、加工に適した栽培方法の導入、規格外野菜の活用に取り組む。
中小企業者 沖物産(株) (食料品製造業、農畜産物・水産物卸売業)

食材のオーダーメイド加工の調理技術及び加工設備を活かして、外食産業からニーズに合致した淡路島産農産物を使った加工食品及び各種食材の開発と販売に取り組む。
連携参加者 (株)ショーゼンファーム、(株)池上、平岡農園(以上、農業)、NPO法人淡路島活性化推進委員会(専門サービス業)

連携事業に必要な淡路島産野菜の生産・供給、加工に適した栽培方法の導入、一次加工、規格外野菜の提供を行う。 淡路島活性化推進委員会では、オリジナル調理メニューの商品開発支援及び首都圏等の外食産業・飲食店への販売支援を行う。
サポート機関等 淡路市商工会、 (独)中小企業基盤整備機構近畿本部

連携の経緯

沖物産(株)では顧客である外食企業から「国産食材を使いたい」「地域色があり、差別化の図れる商品が欲しい」といった要望が多く寄せられていた。そこで、新たな販路を求める地域の新規参入農業者と連携することで、地域内で生産から加工までの一貫体制を構築し、外食企業のニーズに合致した淡路島産農産物を活用した加工食品及び食材の開発と販売に取り組むこととした。

連携に当たっての課題や工夫

本事業で連携する農業者は、主に地域の新規参入農業者であるため、最大の課題は必要な量の淡路島産野菜を安定した価格で確保することである。そのため、新規参入農業者は、北淡路農業改良普及センターの指導の下、加工用野菜に適した品種の選定や栽培方法等を取り入れた生産体制を構築する。


連携による効果

農林漁業者 5年で1,350万円の売上増、規格外野菜の活用

加工用野菜の栽培による売上増、規格外品等の未活用野菜の活用による収益の拡大が見込める。
中小企業者 5年で4億5,000万円の売上増、収益の拡大

淡路島産野菜を活用した新商品の開発と、既存販路を活用した販売による売上増と収益の拡大が見込める。

代表企業等の連絡先

企業等名:
沖物産株式会社
所在地:
兵庫県淡路市志筑3112-10
電話番号:
0799-62-6060
FAX番号:
0799-62-5630

認定日:2012年10月 1日



このページの先頭へ