本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[兵庫県] [2011年度 第2回認定]
兵庫県産いちじく「おのこまち」の未利用品を活用した菓子類の開発・製造・販売

ひょうご安心ブランド認証のいちじく「おのこまち」のブランド浸透と未利用いちじくを活用した新商品の製造販売を行う。

連携体

農林漁業者 JA兵庫みらい(協同組合)

未利用の「おのこまち」いちじくを加工用に冷凍して出荷し、生産者の所得の向上を目指す。
中小企業者 昭栄堂製菓(株)(食料品製造業)

兵庫県産いちじく「おのこまち」や兵庫県産米粉等を使用することによる商品差別化と付加価値増大を図る。
連携参加者 (株)松原製餡所、(株)ユキオー(以上、食料品製造業)、(有)エイティロジテック(専門サービス業)

いちじくのジャム類の製造、プリン、ゼリーの製造委託、パッケージ開発、包装加工デザインの開発。
サポート機関等 (公財)ひょうご産業活性化センター、(独)中小機構近畿

連携の経緯

昭栄堂製菓(株)は「神戸の菓子工房」の商標を持ち、安心・安全のお菓子作りに徹した事業展開を行ってきたが、経営改善に向けて自社ブランドの確立を図るべく新商品開発を検討していた。またJA兵庫みらいでは農家の経営安定化を図るために、いちじくの未利用品の需要開拓として加工事業者を探していた。

連携に当たっての課題や工夫

収穫時期が限定されているいちじくを菓子類の素材とすることによって、年間を通じて「おのこまち」ブランド浸透を連携して図ることが可能になる。
 完熟による表皮の破れ等により生果として出荷できないいちじくをいちじく餡やミルクジャムなどに加工して菓子の素材として利用する。併せて兵庫県内産の米粉の利用なども行い、美味しさに加えて付加価値の高い菓子類の開発・製造・販売を行う。


連携による効果

農林漁業者 5年で2,390万円の売上高増加、5年後に13tの未利用いちじくの活用

未利用いちじくの活用による農家の所得向上と共に「おのこまち」ブランドの浸透を図り生果価格の向上も目指す。
中小企業者 5年で6,796万円の売上高増加、付加価値向上による収益性の改善

「おのこまち」ブランドいちじくをお菓子の原材料に利用することによる付加価値の拡大を目指す。

代表企業等の連絡先

企業等名:
昭栄堂製菓株式会社
所在地:
兵庫県神戸市垂水区山手7丁目7-1
電話番号:
078-751-6184
FAX番号:
078-751-6187

認定日:2011年9月30日



このページの先頭へ