本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[兵庫県] [2009年度 第1回認定]
養父市産の有機野菜と有機醤油を用いた有機ドレッシング等の加工食品製造・販売事業

養父市産の国産有機醤油と有機野菜の栽培技術を活用し、健康と安心・安全のニーズに応えるノンオイル有機ドレッシングや漬物・佃煮等の加工食品を地域ブランドとして商品化する。

連携体

農林漁業者 小林農園 小林勝弘(農業)

有機農業16年の栽培技術を生かし、良質な加工食品に適合する有機野菜を生産・供給する。
中小企業者 大徳醤油株式会社(食料品製造業)

地元の有機野菜と自社製造の国産有機醤油を用いた有機ノンオイルドレッシング等の製造・販売を行う。
連携参加者
サポート機関等 兵庫県北部農業技術センター、兵庫県商工会連合会、養父市商工会

連携の経緯

「いのちを育む食べものづくり」を理念に、国産丸大豆醤油を生産供給してきた大徳醤油が、一昨年の有機JAS認証取得を契機に、国産・有機の加工食品を養父のブランド商品として開発するため、地元の有機農家である小林農園と連携事業を開始した。

連携に当たっての課題や工夫

国産・有機・ノンオイル等健康を意識したユーザーをターゲットにしたドレッシングの開発・製造・販売を目指し、食品添加物はもとより油や動物性の旨味(かつお節など)を使用せずに製造するため、多種類の野菜のうまみの組合せが必須である。多種類の有機野菜の生産を手掛ける小林農園と連携し、美味しく安心安全な有機加工食品を販売していく。


連携による効果

農林漁業者 5年後の売上高405万円、農産物の高付加価値化

従来の設備を生かし、加工適性を持った多種類の有機野菜を栽培し高い収益性を確保する。
中小企業者 5年後の売上高1,850万円、安心安全な食品の提供

安心安全な国産有機加工食品の製造販売によって、市場開拓が期待できる。

代表企業等の連絡先

企業等名:
大徳醤油株式会社
所在地:
兵庫県養父市十二所930-3
電話番号:
079-663-4008
FAX番号:
079-663-4009

認定日:2009年7月 6日



このページの先頭へ