本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[兵庫県] [2008年度 第2回認定]
黒さや大納言小豆作りの技術と遊休農地を活用した丹波ニューツーリズムの開発と提供

連携体 中小企業者:(株)田舎元気本舗
農林漁業者:柳田農園
連携参加者:黒さや会
サポート機関等 (社)関西ニュービジネス協議会、NPO情報社会生活研究所、地域活性化支援事務局など

事業概要

連携の経緯

(株)田舎元気本舗は、丹波カルデン(借る田)という新たな市民農園の仕組みを企画し、試験販売をおこなっているが、その推進のためには地域活性化に熱意をもって取り組む地域及びリーダーとのパートナーシップが不可決である。柳田農園は、黒さや丹波大納言小豆の発祥地として歴史的使命をもって黒さや会を組織し、商品開発や販路開拓に取り組んでいることから、両者は新たな付加価値をもつ観光交流事業及び商品普及のため連携した。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

本事業は、従来の市民農園やオーナー制などのサービス内容に加え、食育・健康・研修などを目的とした多様なプログラムの提供により、家族・グループや企業の福利厚生市場もターゲットとしている。食・農と人材育成をテーマに新たな付加価値のあるサービスを提供する企業はまだ少ない。食の安全・安心や農業体験を求めるニーズがますます高まっており、市場性及び競争力は十分あるとの感触を得ている。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・4,360万円(平成25年度)
  • 本連携に伴う新規雇用創出者数・・・2名(平成25年度・連携体全体)
  • 地域ブランド「丹波大納言黒さや小豆」の確立
  • 遊休農地・放棄農地の有効活用・・・20,000平方メートル(平成25年度)

代表企業等の連絡先

代表者:
(株)田舎元気本舗
所在地:
兵庫県丹波市春日町野上野21
電話番号:
0795-70-3200
FAX番号:
0795-70-3232

認定日:2008年12月 8日



このページの先頭へ