本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2015年度 第1回認定]
新品種果実「ワインベリー」を用いたスイーツの開発・製造・販売事業

全国初「ワインベリースイーツ」の開発・製造・販売を行い、新幹線開業による観光客増加を見込んだ売上向上を目指す。

連携体

農林漁業者 北井里佳(農業)

新品種果実「ワインベリー」を栽培、供給。
中小企業者 (株)はこだてSinアグリファーム(食料品製造業)

ワインベリーをジャムソースに加工。
中小企業者 (有)末廣軒(食料品製造業)

ワインベリーのジャムソースを活用し、「ワインベリースイーツ」を開発・製造・販売。
連携参加者 (一社)北海道中小企業家同友会函館支部
(公財)函館地域産業振興財団

(一社)北海道中小企業家同友会函館支部は連携事業のコーディネートを行い、(公財)函館地域産業振興財団はワインベリーの加工技術指導、ジャムソースの菓子への活用技術、商品の品質検査、製造方法の改善等の支援を行う。
サポート機関等 (独)中小企業基盤整備機構北海道本部

連携の経緯

ワインベリー果実

ワインベリー果実

(有)末廣軒は催事販売の売上減少と出店コスト増加による薄利化が進む中、新たな経営方針として地元農産品を用いた商品の地元販売強化への方針を掲げ、新幹線開業も見据えた目玉商品の開発を模索していた。北井里佳、(株)はこだてSinアグリファームは新品種「ワインベリー」の安定した販路の確保、ブランド化を図ることのできる企業への供給を模索していた。そのような中、北海道中小企業家同友会が両者をマッチングしそれぞれの思惑が一致したことから連携事業に取り組むこととなった。

連携に当たっての課題や工夫

北井里佳が栽培した新品種果実「ワインベリー」を(株)はこだてSinアグリファームが全量買取り、ジャムソースに一次加工し、(有)末廣軒にスイーツ原料として供給。
(有)末廣軒は食べ歩き用商品、土産物用商品とターゲットに応じた「ワインベリースイーツ」を開発。また、ワインベリーのストーリー化やブランド化を図り、新規顧客の開拓を目指す。


連携による効果

農林漁業者 5年で約160万円の売上高増加、経営の安定化。

新品種果実「ワインベリー」の販売により、新たな売上を安定的に確保。
中小企業者 5年で約1,850万円(末廣軒:1,610万円、はこだてSinAF:240万円)の売上高増加、新規取り組みによる経営の向上。

ワインベリーのブランドを確立し自社店舗での目玉商品とすることで、地元販売強化による経営の向上を図る。

代表企業等の連絡先

企業等名:
(有)末廣軒
所在地:
北海道北斗市昭和1丁目4番13号
電話番号:
0138-73-6004
FAX番号:
0138-73-6300

認定日:2015年7月 6日



このページの先頭へ