本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2014年度 第2回認定]
北海道産有機小麦を用いた有機JAS認証パンの開発、製造及び販売

有機JAS認証マークを表示した北海道産小麦100%のオーガニックパンの開発・販売を行う。

連携体

農林漁業者 田中哲夫(農業)

有機JAS認証小麦の栽培、生産を行う。
中小企業者 シロクマ北海食品(株)(食料品製造業)

有機JAS認証パンの開発、製造及び販売を行う。
連携参加者 (一社)北海道中小企業家同友会札幌支部

販路開拓及びマーケティング面での指導。
サポート機関等 (独)中小企業基盤整備機構北海道本部

連携の経緯

有機JASマーク

有機JASマーク

※有機JAS認証
有機農産物を原料とし、生産管理・生産管理記録が適切に行われ、有機生産基準(日本JAS規格)に適合した方法・加工場で生産された食品。

有機小麦を生産する田中哲夫は有機小麦の販売先の確保に苦慮していたところ、(一社)北海道中小企業家同友会札幌支部の繋がりで、高付加価値商品の開発を模索していたシロクマ北海食品(株)と知り合い、有機JAS認証小麦を活用した商品開発に連携して取り組むことになった。

連携に当たっての課題や工夫

(左)試作品 (右)田中哲夫 小麦

(左)試作品 (右)田中哲夫 小麦

パン業界は、小麦を中心とした原料価格や小売価格に影響されやすく、業界最大手の企業であっても、営業利益率が低く、厳しい経営状況である。これはパン業界が抱える最大の課題であり、特に中小事業者にとっては切実な問題といえる。そんな中、シロクマ北海食品(株)は、今まで培ってきた国内産小麦を用いたパン製造技術を活かし、農業者田中哲夫が生産する北海道産有機JAS認証小麦「はるきらり」を主原料とし、有機JAS認証を取得した工場で、北海道初の有機JAS認証マークを表示したパンの開発、生産及び販売を実施する。
 高付加価値商品の展開により、他社との差別化を図り、ブランド力強化につなげると共に、コストのブレを最小限にすることで、経営の安定化につなげる。本事業はパン業界における中小事業者のモデル事業となり得る計画である。


連携による効果

農林漁業者 5年で約300万円の売上高増加、生産性の向上、経営の安定化。

安定した販売先を確保することにより、農業経営の安定化につながる。
中小企業者 5年で約1,700万円の売上高増加、新規取り組みによる経営の向上。

高付加価値パンを販売することにより新たな顧客を獲得し、売上増加が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
シロクマ北海食品(株)
所在地:
北海道札幌市白石区南郷通20丁目南8番3号
電話番号:
011-865-3521
FAX番号:
011-865-2271

認定日:2014年10月15日



このページの先頭へ