本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2014年度 第1回認定]
七飯町産のりんごを用いたプレザーブの開発・製造及び販売

西洋りんご発祥の地、七飯町産の「ほおずり」「ふじ」「紅玉」を使用したプレザーブの開発・販売を行う。

連携体

農林漁業者 七飯町果樹組合(農業)

七飯町でしか生産されていない品種「ほおずり」等りんごの生産及び供給を行う。
中小企業者 (株)天狗堂宝船(食料品製造業)

業務用プレザーブの製造及び自社販路を活用した販売を行う。
連携参加者 (公財)函館地域産業振興財団、(公財)北海道中小企業総合支援センター道南支部

食品加工技術指導及び販路開拓面での指導。
サポート機関等 七飯町役場、(独)中小企業基盤整備機構北海道本部

連携の経緯

(七飯町産りんご)

(七飯町産りんご)

(株)天狗堂宝船は、既存商品の市場の先細りが懸念されるなか、七飯町の優位性を活かせる新たな商品の開発を模索していたところ、北海道内の菓子業者から七飯町産のりんごのプレザーブに対するニーズが高いことが明らかになった。
 一方、七飯町役場と七飯町果樹組合は、同町が西洋りんご発祥の地としての歴史的背景はあるが、他地域への普及がされていないこと、後継者不足、生産農家の高齢化等から、生産に手間がかからない、加工用りんごの生産を増やしたいとの課題を抱えていたところ、両者の想いが一致し、協力して本事業に取り組むことになった。

連携に当たっての課題や工夫

(プレザーブ試作品)

(プレザーブ試作品)

七飯町にはりんごの加工業者がいないため、(株)天狗堂宝船が自社の新たな取り組みとして、りんごを加工しアップルプレザーブを開発する。七飯町果樹組合は七飯町でしか生産されていないりんご「ほおずり」等を原材料として提供する。
 また、開発したほおずりのアップルプレザーブは、函館近郊での販売に限定する。これらの取り組みにより、七飯町産りんごのブランド力向上及び、(株)天狗堂宝船、七飯町果樹組合の経営向上を図る。


連携による効果

農林漁業者 5年で約1,650万円の売上高増加、経営の安定化。七飯町の特産品活用による 地域活性化。

生産の手間が少ない加工用りんごの生産に取り組むことにより、農業経営の安定化につながる。
中小企業者 5年で約5,700万円の売上高増加、新規取り組みによる経営の向上。

新たに菓子原料卸し売りに取り組むことにより売上増加が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
(株)天狗堂宝船
所在地:
北海道亀田郡七飯町字中島205番地1
電話番号:
0138-66-3200
FAX番号:
0138-66-3210

認定日:2014年7月 7日



このページの先頭へ