本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2010年度 第2回認定]
八雲町の大豆と米にこだわって造る「八雲味噌」の開発・製造・販売および町の特産品としてのブランド構築

八雲町の大豆や米、海洋深層水を使用するほか、麹も自社工場で作るなど、八雲町の原材料を使用し、醸造方法にこだわった味噌を開発・販売を行う。

連携体

農林漁業者 (有)丸富研究農場(農業)

黒大豆と白大豆を栽培し、味噌に加工しやすいよう選別を行い、供給する。
中小企業者 服部醸造(株)(食料品製造業)

八雲町の原材料を使用し、醸造方法を工夫した、こだわりの味噌を開発・販売する。
連携参加者 JA新函館、宍戸初雄、(有)GMSマエダ(以上、農業)、熊石深層水(株)(食料品製造業)、八雲運輸商事(株)(道路貨物運送業)、八雲町、八雲商工会、北海道立工業技術センター

米や海洋深層水など八雲産原材料の供給や大豆栽培の協力、町の特産品としてのPRを行う。
サポート機関等 (独)中小機構北海道

連携の経緯

服部醸造(株)は、これまで大量生産を前提とした味噌作りが中心であったが、八雲町の良質な原材料に触れ、こうした原材料を使用した「こだわりの味噌」の開発を模索していた。
 一方、(有)丸富研究農場は、芝生及び花卉を栽培していたが、公共事業の減少により芝生の需要が低迷していることから、経営安定化のために大豆の栽培を始めたところ、取引銀行の紹介により両者が出会い、新商品の開発にあたり連携することとなった。

連携に当たっての課題や工夫

(有)丸富研究農場は、大豆を安定的に供給するため、栽培面積を増やすほか、(有)GMSマエダと大豆生産における協力体制を構築する。
 服部醸造(株)は、コクと旨味が強い黒大豆や、主食用米、海洋深層水など八雲町の原材料を使用し、醸造方法を工夫した、こだわりの味噌を開発する。


連携による効果

農林漁業者 3年で約300万円の売上高増加、栽培面積の拡大、経営の安定化

大豆の生産拡大により売上が増加し、経営の安定化が期待される。
中小企業者 3年で約3,000万円の売上高増加、全国展開による認知度拡大

こだわり味噌を全国に販売展開することで売上が増加するほか、八雲町の特産品としてブランド化が図られる。

代表企業等の連絡先

企業等名:
服部醸造株式会社
所在地:
北海道二海郡八雲町東雲町27番地
電話番号:
0137-62-2108
FAX番号:
0137-63-3588

認定日:2011年2月 2日



このページの先頭へ