本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2010年度 第2回認定]
北海道産のよもぎを活用した化粧水・石鹸・入浴剤等の開発・製造及び販売

よもぎの食用に利用されない部分を原材料として、北海道ならではの素材の良さをそのままシンプルに活かしたコスメ商品(化粧水、石鹸、入浴剤等)を開発・製造・販売する。

連携体

農林漁業者 翔北農園(資)(農業)

栽培・収穫したよもぎのうち、食用には利用されない部分を蒸留し、その蒸留水と蒸留後のよもぎを原材料として提供する。
中小企業者 (株)ローレル(その他の卸売業)、エルポート・サイエンス(有)(化学工業)

商品企画から開発・製造までを一貫して行い、直営店舗や百貨店、自社サイトによるインターネット通販等を通じて販売する。
連携参加者 吉川食品(株)(食料品製造業)、(株)メグカンパニー(映像・音声・文字情報制作業)

吉川食品(株)は蒸留後のよもぎの冷凍保存を、(株)メグカンパニーはインターネットを中心としたマーケティングの支援を行う。
サポート機関等 (独)中小機構北海道

連携の経緯

(株)ローレル及び同社の製品を製造しているエルポート・サイエンス(有)は、バスグッズや化粧品のOEM企画・製造・販売の実績を持つが、近年、OEM供給だけではなく、北海道の素材に着目した自社ブランドの立ち上げを検討してきた。その過程で、同じ砂川市の事業者である吉川食品(株)が和菓子の原材料に中川町産のよもぎを活用していることを知った。
 (株)ローレルは、吉川食品(株)を介して、よもぎの生産者である翔北農園(資)と出会い、よもぎを活用した化粧水・石鹸等を連携して開発することとなった。

連携に当たっての課題や工夫

翔北農園(資)は、これまで食用としては利用されていなかった部分を収穫するとともに、最終製品の量産に適した一次加工方法を確立する。
 (株)ローレル及びエルポート・サイエンス(有)は、よもぎの素材の良さを活かした新商品を企画開発し、既存販路に加えて新たな販路を開拓する。


連携による効果

農林漁業者 5年で約150万円の売上高増加、未利用部位の活用

これまで食用としては利用されていなかった部分を販売することで、売上増加が期待される。
中小企業者 5年で約7,000万円の売上高増加、商品ラインナップの充実

北海道産の素材にこだわった自社ブランド「sozaiLAUREL」シリーズに新たな商品が加わることで、売上増加が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社ローレル
所在地:
北海道砂川市西豊沼275番地
電話番号:
0125-52-3756
FAX番号:
0125-52-2324

認定日:2011年2月 2日



このページの先頭へ