本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2009年度 第3回認定]
アスパラガス擬葉粉末を利用した食品並びに食品添加用粉末の 開発・販路開拓

北海道産のアスパラガス擬葉を粉末化し、スイーツ、食品添加用商品、健康食品を開発・販売する。

連携体

農林漁業者 名尾良一(農業)

アスパラガス擬葉専用畑を整備し、無農薬で栽培するほか、洗浄・乾燥・保冷の一次加工をして供給する。
中小企業者 (株)北辰フーズ(食料品製造業)、(株)エス・ネット(専門サービス業)

これまでのノウハウを活用し、スイーツ、食品添加用粉末、健康食品を開発・販売する。
連携参加者 (株)日本健康食品研究所(無店舗小売業)

健康食品の技術開発・販路開拓のサポートをする。
サポート機関等 地域活性化支援事務局、空知信用金庫

連携の経緯

(株)北辰フーズと(株)エス・ネットは、アスパラガス擬葉の色や機能性に着目し、アスパラガス擬葉粉末を活用した商品の開発・販売を模索していた。
 一方、名尾良一は国内有数のアスパラガス産地である名寄市で、アスパラガスを約4ha栽培しているが、収穫時期のピークには労働力確保が困難となりつつあり、人手のかからないアスパラガスの栽培・収穫方法を模索していたことから、3者が連携して新商品の開発・販売を行うこととなった。

連携に当たっての課題や工夫

名尾良一は、高品質な原料を安定供給するため、アスパラガス擬葉栽培専用畑を確保するほか、運搬の効率化と劣化を防ぐため、洗浄・乾燥・保冷の一次加工を行う。
 ゼリーなどのスイーツについては、(株)北辰フーズの既存販路を活用しながら 販路を拡大していくほか、健康食品・食品添加用粉末は、(株)エス・ネットが自社のネットワークを活用し、ドラックストアなど新たな販路を開拓する。


連携による効果

農林漁業者 5年で約300万円の売上高増加、耕作面積の拡大

アスパラガス擬葉栽培専用畑を確保し、安定的に供給することにより、売上の増加が期待される。
中小企業者 5年で約7,720万円の売上高増加(北:5,500万円、エ:2,220万円)、販売品目の増加

(株)北辰フーズは、新たな商品の開発により販売品目が増え、売上の増加が期待される。
(株)エス・ネットは、販売品目を増加し、新たな販路を開拓することにより、売上の増加が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社北辰フーズ
所在地:
北海道江別市緑町西3丁目1番地1
電話番号:
011-383-3231
FAX番号:
011-385-1864

認定日:2010年2月18日



このページの先頭へ