本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2009年度 第3回認定]
JAS認証された国産有機農産物の規格外品を有効活用した 南瓜ペースト及びカレーフィリングの開発

有機農産物の規格外品を有効活用し、小ロットでも製造可能な南瓜ペースト、カレーフィリングを開発・販売する。

連携体

農林漁業者 (有)箱根牧場(農業)

有機農産物を生産し、南瓜ペースト・カレーフィリングの製造に合わせた一次加工を行う。
中小企業者 (有)平沢製餡所(食料品製造業)

小ロットでも製造可能な南瓜ペーストとカレーフィリングを開発し、中小製パン業者へ販売をする。
連携参加者 (株) 北海道箱根牧場(飲食料品卸売業)、早坂之男、酒井良信、河端政雄(以上、農業)、北海道立食品加工研究センター

マーケティング支援、一次加工の技術指導、不足時に有機農産物の供給を行う。
サポート機関等 地域活性化支援事務局

連携の経緯

(有)平沢製餡所は、有機農産物を活用した商品開発を目指していたが、有機農産物を安定的に供給できる企業がなく、実現できずにいた。
 一方、(有)箱根牧場は、自社圃場から多く生産される有機農産物の規格外品の活用を模索していたことから、両者が連携して新商品開発・販売に取り組むこととなった。

連携に当たっての課題や工夫

(有)箱根牧場は、原材料を均一の品質で、かつ、安定的に供給するため、農産物の洗浄、皮むき、カットなどの一次加工技術を確立させる。
 (有)平沢製餡所は、原材料本来の味のまま、小ロットでも製造できる技術を確立する。また、販路開拓にあたっては、既存の取引先への販売のほか、有機農産物に関心の高い個人製パン店に新規開拓を図る。


連携による効果

農林漁業者 4年で約1,830万円の売上高増加、規格外有機農産物の有効活用

有機農産物の規格外品を有効活用することにより、売上増加と有機農産物の認知度向上が期待される。
中小企業者 4年で約2,600万円の売上高増加、新規の独立製パン店の顧客拡大

新商品を開発し、既存取引先のほか、個人製パン店など新規販路を開拓することで売上増加が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
有限会社箱根牧場
所在地:
北海道千歳市東丘1201番地
電話番号:
0123-21-3066
FAX番号:
0123-21-3758

認定日:2010年2月18日



このページの先頭へ