本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2009年度 第1回認定]
生食用スイートコーンの自動収穫機開発・導入による収穫量増加と労働環境の改善

これまで手もぎ収穫されていた生食用スイートコーンの自動収穫機を開発し、時間あたり収穫量の増加と労働環境の改善を行う。

連携体

農林漁業者 (有)北幸農園(農業)

生食用スイートコーン自動収穫機の実証試験等に参画し、ユーザーとしての課題・意見を提言する。
中小企業者 オサダ農機(株)(農機具製造業)

人参や大根の自動収穫機の開発・製造ノウハウを活かし、生食用スイートコーンの自動収穫機を開発する。
連携参加者 (株)大興商事(一般機械器具卸売業)、(有)富良野青果センター(野菜卸売業)、(株)池田熱処理工業(金属熱処理業)、北海バネ(株)(金属加工機械製造業)、道藤ゴム工業(株)(工業用ゴム製品製造業)、原令幸

収穫機の開発に伴う技術的サポートや、農林漁業者の事業拡大のためのサポートを行う。
サポート機関等 地域活性化支援事務局、北海道商工会連合会、南富良野町商工会

連携の経緯

オサダ農機(株)は、これまで人参収穫機や大根収穫機など、農業者の視点に立った農機具の製造販売を行っていた。
 一方、(有)北幸農園では、これまでスイートコーンの商品価値の低下を防ぐため手もぎ収穫していたが、生産性の向上等から自動収穫機の開発を期待していたことから、両者が連携して新商品の開発を行うこととなった。

連携に当たっての課題や工夫

これまで、生食用スイートコーンの自動収穫機は、収穫時の損傷防止、能率、価格などの問題から開発が進まなかったが、オサダ農機(株)では、技術的協力を連携参加者から受けて開発する。
 (有)北幸農園は、自社の圃場での実演や情報提供などソフト面で連携を図り、完成度の高い自動収穫機へのバージョンアップを継続的にサポートする。


連携による効果

農林漁業者 5年で約1,600万円の売上高増加、スイートコーンの収穫生産性4.8倍

自動収穫機による飛躍的な生産性向上で、作付面積の拡大が期待される。
中小企業者 5年で約9,600万円売上高増加、農機具メーカーとしての認知度向上

生食用スイートコーンの作付け農家や作付面積の拡大ならびに既存農家の利用による需要拡大が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
オサダ農機株式会社
所在地:
北海道富良野市西扇山の1
電話番号:
0167-39-2500
FAX番号:
0167-39-2501

認定日:2009年7月 7日



このページの先頭へ