本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2009年度 第1回認定]
固形梅塩を摂取した「知床牛」の加工品等の開発・販売

固形梅塩を摂取した「知床牛」の加工品等(ハンバーグ、空弁等)を開発し、百貨店、道内宿泊施設、航空関連会社等の販路開拓を行う。

連携体

農林漁業者 (株)カネダイ大橋牧場(農業)

固形梅塩を摂取させた「知床牛」の肥育に取り組む。
中小企業者 (有)大空FARM(飲食料品卸売業)、(有)味噌精肉店(食料品製造業)

(有)大空FARMは、固形梅塩を摂取した知床牛を使用して、空弁・ギフト等の商品開発を行い、百貨店や空港等で販売する。
(同)味噌精肉店は、固形梅塩を摂取した知床牛を使用して、ハンバーグ等の加工品の開発・製造を行う。
連携参加者 (有)兼本印カネホン水産(食料品製造業)

固形梅塩を製造し、(株)カネダイ大橋牧場に供給する。
サポート機関等 地域活性化支援事務局

連携の経緯

(株)カネダイ大橋牧場は、「知床牛」に固形梅塩を摂取させ、国産和牛との差別化を図り、加工品の販路拡大により知名度向上を模索していた。
 一方、(有)大空FARMおよび(同)味噌精肉店は、新たな商品開発が経営上の課題となっていたことから、三者が連携して新商品を開発することとなった。

連携に当たっての課題や工夫

(株)カネダイ大橋牧場は、固形梅塩を摂取させた牛の肉質を検証し、肥育手法を確立する。
 新商品の販売戦略に関しては、共同申請者の既存販路以外への拡大を目指して、販売先に向けた企画提案を実施する。


連携による効果

農林漁業者 4年で約5.9億円の売上高増加、肥育頭数200頭増、「知床牛」ブランドの確立

加工品等の開発により、肥育頭数を増加さるとともに、知名度向上が図られ、販売価格上昇・売上増加が期待される。
中小企業者 4年で約3,200万円の売上高増加(大:1,050万円、味:2,180万円)、販売品目の増加

(有)大空FARMは、新たなギフト・観光需要向け商品の開発により販路が拡大し、売上増加が期待される。(同)味噌精肉店は、製造・販売品目の増加により、売上増加が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社カネダイ大橋牧場
所在地:
北海道網走郡大空町東藻琴38番地1
電話番号:
0152-66-2661
FAX番号:
0152-66-2319

認定日:2009年7月 7日



このページの先頭へ