本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2009年度 第1回認定]
有機農産物を原料とした有機JAS認定加工食品の開発

有機JAS認定農場で栽培された高品質な原料を使い、野菜スープ・野菜ペースト・ほしいもを開発する。

連携体

農林漁業者 (有)丸勝大塚産業(農業)

有機JAS認定農産物を生産し、加工用の原材料を供給する。
中小企業者 (有)ボンフリー(食品加工・卸)

有機JAS認定農産物を使い、野菜スープ・野菜ペースト・ほしいもを開発する。
連携参加者 (財)北海道農業企業化研究所(学術研究・専門技術サービス)

北海道の農業経営の近代化支援を行ってきた実績を活用し、販路開拓の支援を行う。
サポート機関等 地域活性化支援事務局

連携の経緯

(有)ボンフリーは、これまで道産の海産加工品を主力としていたが、近隣の農産物を用いた商品開発を模索していた。
 一方、(有)丸勝大塚産業は、有機JAS認定農産物を利用した商品開発を模索していたことから、両者が連携して新商品を開発することとなった。

連携に当たっての課題や工夫

(有)ボンフリーは、有機JAS認定農作物から有機JAS認定加工品を開発することになるため、製造認証を受けて新商品を開発する。  また、(有)丸勝大塚産業は、北海道で栽培実績の少ない有機さつまいもを本格栽培することから、栽培・貯蔵方法を検証し生産モデルを確立する。


連携による効果

農林漁業者 5年で約750万円の売上高増加、地元雇用者の増加

有機農産物を加工材料として供給することにより売上増加が見込まれるとともに、担手育成や雇用の創出が期待される。
中小企業者 5年で約2,000万円の売上高増加、健康食品向けの市場開拓、新篠津ブランドの確立

既存取引先への販売に加え、健康志向の消費者など、新規販路を開拓することで売上増加が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
有限会社ボンフリー
所在地:
北海道石狩郡新篠津村第40南41
電話番号:
0126-57-2664
FAX番号:
0126-57-2774

認定日:2009年7月 7日



このページの先頭へ