本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2009年度 第1回認定]
稚内産大女子(おおなご)の有効利用による高付加価値製品の製造と全国販売

稚内産の大女子(おおなご)を蒲焼、フライ製品に加工し、北海道ブランドとして全国的に販売する。

連携体

農林漁業者 JF稚内機船(漁業)

水揚げした大女子(おおなご)を、一定の大きさのものに選別して出荷し、加工に適した素材の供給に取り組む。
中小企業者 (株)パイオニアジャパン(食品販売業)、(株)コスモジャパン(食品製造業)、中野水産(株)(水産加工業)

大女子(おおなご)を開き加工し、惣菜製造ノウハウを活かして製造した蒲焼、フライ製品をスーパーや外食企業等に販売する。
連携参加者
サポート機関等 地域活性化支援事務局

連携の経緯

(株)パイオニアジャパンと(株)コスモジャパンは、稚内産大女子(おおなご)を製品化し、北海道ブランドとして販売できないか模索していた。
 一方、JF稚内機船と中野水産(株)も大女子のブランド化と価値向上を目指していたことから、4者が連携して新商品を開始することとなった。

連携に当たっての課題や工夫

大女子については、知名度が低いため消費者に受け入れられる商品開発や販売促進策が課題となっており、(株)パイオニアジャパンおよび(株)コスモジャパンが、商品の開 発・改良とともに、知名度向上のための宣伝普及活動を実施する。
 新商品は、加工に適した大女子を選別して生処理加工を行い、そこから鮮度を保持したまま輸送するなど、品質向上に努める。


連携による効果

農林漁業者 3年で約1,500万円の売上高増加、販売単価の増加

大女子(おおなご)を食品加工用として販売することで、販売価格の単価が増加するとともに、知名度の向上が期待される。
中小企業者 3年で約4,300万円の売上高増加(最終製品売上げ)

惣菜業で培った販売網と新販売先として外食企業等を開拓することで、売上増加が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社パイオニアジャパン
所在地:
北海道小樽市銭函5/53-4
電話番号:
0133-72-7135
FAX番号:
0133-75-9211

認定日:2009年7月 7日



このページの先頭へ