本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2009年度 第1回認定]
ベリー王国北海道(余市町・仁木町)のベリー類を使ったビネガー・スイーツの開発

栽培が難しく希少価値の高いシーベリーなどベリー類を使った、ビネガー・スイーツを開拓し、販路開拓を行う。

連携体

農林漁業者 (有)自然農園(農業)

国内最大級のベリー農園で栽培された有機栽培のシーベリーなど、ベリー類の安定生産に取り組む。
中小企業者 (株)自然農園グループ(パン・菓子製造業)

商品開発力に優れた技術者によってビネガー・スイーツを開発し、販路を拡大する。
連携参加者 (株)サン・チャレンジ(レストラン)

首都圏を中心に展開しているレストランチェーンにて市場調査を行い、商品化後は自店のメニューとして積極的に販売する。
サポート機関等 地域活性化支援事務局

連携の経緯

(株)自然農園グループは、アントシアニンなどのポリフェノール類が豊富に含まれているベリー類の人気が高いことに着目していた。
 一方、(有)自然農園は、希少価値の高いシーベリーやブルーベリーなどベリー類を中心に栽培してきたことから、両者が連携し、ベリー類を使ったビネガー・スイーツを開発することとなった。

連携に当たっての課題や工夫

新商品の開発にあたっては、ベリー類の効率的な収穫方法の確立や安定供給が課題となっており、(有)自然農園では、果樹に雨除け施設を導入するなど、果実の高品質化を図るとともに、北海道立食品加工研究センターの指導のもと乾燥・濃縮・保存方法を確立する。
 販路開拓にあたっては、連携参加者の協力のもと新商品の販売を行う。


連携による効果

農林漁業者 3年で約5,000万円の売上高増加、ベリー類38,600kg生産増

新商品の開発によりベリー類のブランド力が強まり、果樹全体の栽培出荷の拡大が期待される。
中小企業者 4年で約1,900万円の売上高増加、ビネガー・スイーツの開発、販売

希少価値の高いシーベリーなど、優位性のあるベリー類を使った新商品を開発することで、販路開拓と売上増が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社自然農園グループ
所在地:
北海道余市郡余市町黒川町1384-1
電話番号:
0135-32-3020
FAX番号:
0135-32-3092

認定日:2009年7月 7日



このページの先頭へ