本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2009年度 第1回認定]
減農薬栽培米を用いた機能性食品の開発と販路開拓

食物アレルギー患者の間で、アトピー性皮膚炎等の症状を改善するとの評判が高い米「ゆきひかり」や、アミロースが高く加工に向いている「高アミロース米」を用いて、「米マカロニ」「米麺」を開発し、販路開拓を行う。

連携体

農林漁業者 市川範之(農業)

減農薬栽培の「ゆきひかり」の作付拡大や「高アミロース米」の本格生産を行い、これらを使った米粉の生産に取り組む。
中小企業者 (有)グルメライス旭川(飲食料品小売業)

これまでに確立した製造方法で、米粉から米麺や米マカロニを製造し、ターゲットとなる顧客に販路を拡大する。
連携参加者
サポート機関等 地域活性化支援事務局、旭川信用金庫

連携の経緯

(有)グルメライス旭川は、これまでにも、市川範之と米粉100%の乾麺やお菓子など、小麦粉を使わない商品を開発・販売してきたが、依然として小麦アレルギー患者の食のバリエーションが少ないため、新商品を模索していた。
 今回の連携では、市川範之氏が生産する「ゆきひかり」から小麦アレルギー患者向けの「米マカロニ」のほか、高アミロース米から「米麺」と「米マカロニ」を開発・販売することとなった。

連携に当たっての課題や工夫

米粉を原料とした製品は、乾燥する際に崩れやすくなるため、成形の容易さや食味等を勘案した商品作りと、その方法を確立する。
 高アミロース米については、市川範之氏の安定生産が課題となるため、試験研究機関との連携により栽培方法を確立し、その後、作付面積を拡大させる。


連携による効果

農林漁業者 4年で約140万円の売上高増加(米粉)、圃場3ha拡大、高アミロース米の安定栽培確立

作付の拡大に加え、「ゆきひかり」「高アミロース米」を製粉して販売することにより、高い収益性が期待される。
中小企業者 3年で約1,400万円の売上高増加、新商品の開発による新市場開拓

既存の食物アレルギー患者向け商品の追加と新商品の開発により、販路拡大と売上増が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
市川範之
所在地:
北海道旭川市西神楽3線8号
電話番号:
0166-65-0183
FAX番号:
0155-22-4680

認定日:2009年7月 7日



このページの先頭へ