本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2008年度 第3回認定]
鶏醤と地域希少農産物(道産品)を活かした「こだわり調味料」の開発・製造・販売

連携体 中小企業者:(株)中央食鶏(製造業)
農林漁業者:(有)渡辺農場(農業)、伊藤紀夫(農業)
連携参加者:北海道立工業試験場、北海道立食品加工研究センター
サポート機関等 地域活性化支援事務局、北海道中小企業団体中央会(地域力連携拠点)

事業概要

連携の経緯

(株)中央食鶏は、卵生産用鶏の処理業を行っており、従来、内臓部位は産業廃棄物として有償処分していた。
 平成17年度に、農林水産省の「食料産業クラスター展開事業」に取り組み、栄養価の高い内臓を醸造発酵させた『三笠の鶏醤』の開発に成功。さらに、鶏醤を使用した商品ラインナップ拡充の道を模索していた。
 今回、こだわりの栽培方法を実施している(有)渡辺農場、希少品種であるリンゴ「幻の『旭』」を栽培している伊藤紀夫(屋号:伊藤果樹園)と連携し、新製品である調味料の開発、販売事業を進めていくこととなった。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

本事業では、『三笠の鶏醤』と希少農産物(玉葱:空知黄、リンゴ:幻の旭)を含む道産農産品とのコラボレーションにより、ソース、ドレッシング、ポン酢を開発、製造、販売する。
 鶏醤の販売で構築した、デパート等への販路を活かし、付加価値の高い製品として市場開発を行う。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・・・3,500万円(平成26年)
  • 地域名を冠した『三笠の鶏醤』のラインナップ拡充と地域農産物にこだわった製品により、新たな地域ブランドの創出
  • 遊休農地の活用による生産増加
  • 希少品種の安定出荷による経営安定化

代表企業等の連絡先

代表者:
(株)中央食鶏
所在地:
北海道三笠市本町4番地1
電話番号:
01267-2-8100
FAX番号:
01267-2-8055

認定日:2009年2月20日



このページの先頭へ