本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2008年度 第3回認定]
生産量日本一である北海道オホーツク地区の山わさびを用いた高品質山わさび製品の開発

連携体 中小企業者:(株)金印わさびオホーツク(製造業)
農林漁業者:植木幸一(農業)
連携参加者:菱川正広、渡辺雄二、佐竹信弘、鳥越良一、小河正幸、後田敏美、北海道大学大学院、(株)金印わさび名古屋、金印物産(株)、金印(株)
サポート機関等 地域活性化支援事務局

事業概要

山わさびと既存の山わさび加工品

山わさびと既存の山わさび加工品

連携の経緯

(株)金印わさびオホーツクは、網走市、斜里町等のオホーツク地区で栽培された山わさびを原料に醤油漬け等の製品を製造しているものの、他用途における商品化が進んでいなかった。
 こうした中、(株)金印わさびオホーツクは、国産生産の約90%を生産するオホーツク地区の山わさびを使用し、独特の風味や辛みを活かした加工品開発に挑戦するため、植木幸一と連携して新品種の栽培や既存品種の栽培時期の変更などに取り組み、連携事業を開始することとなった。


山わさびの圃場

山わさびの圃場

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

山わさびの風味や辛みを活かした国産原材料100%の山わさび加工品を開発・製造・販売する。
 新商品の加工方法に超低温すりおろしを導入して、辛味成分量を保持することにより、他社製品との差別化を図り、山わさびの知名度向上とともに市場開拓を行う。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・・・1億6,465万円(平成26年度)
  • 山わさびの作付面積拡大による農業者の収益性向上
  • 山わさび加工品の市場浸透による(株)金印わさびオホーツクの収 益性向上
  • 山わさびの知名度向上とオホーツク地域の活性化

代表企業等の連絡先

代表者:
(株)金印わさびオホーツク
所在地:
北海道網走市呼人276-1
電話番号:
0152-48-2718
FAX番号:
0152-48-2502

認定日:2009年2月20日



このページの先頭へ