本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2008年度 第3回認定]
道産こだわりトマト(品種名:あいこ)で作る新ケチャップタイプソースの製造・販売

連携体 中小企業者:若松信宏(飲食サービス業)
農林漁業者:村井貞治(農業)
連携参加者:北日本冷蔵製氷(株)、北王よいち(株)
サポート機関等 地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

小樽市にある洋食堂なつ家のオーナーシェフである若松信宏は、トマトを原料とする調味料の開発・販売を検討していた。
 試作を繰り返していく中で、近年、後志支庁管内で栽培が増加しているトマト(品種名:あいこ)が適していることがわかり、近郊で必要量を生産することのできる農家を探していた。
 そのような中、隣町の余市町の農家である村井貞治と出会い、本事業について相談したところ、賛同を得られたことから、連携事業を開始することとなった。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

一般市場で生食用として流通しているトマトの“あいこ”を活用したケチャップタイプソースを製造・販売する。
 従来品種のトマトより糖度が高い“あいこ”から作る新商品は、砂糖の使用量を少なくすることができ、余分な香辛料を加えないシンプルな味を実現できることから、最終消費者に用途提案も含めた市場開拓を行う。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・・・1,280万円(平成23年度)
  • 規格外品の有効活用
  • 作付け面積の増加による農業経営の改善

代表企業等の連絡先

代表者:
若松信宏
所在地:
北海道小樽市富岡2丁目34番10号
電話番号:
0134-23-5100
FAX番号:
0134-23-5100

認定日:2009年2月20日



このページの先頭へ