本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2008年度 第3回認定]
苫小牧地域のハスカップを使った漬物の製造・販売

連携体 中小企業者:(株)大一大和屋食品(製造業)
農林漁業者:長峯修(農業)
連携参加者:とまこまい広域農業協同組合苫小牧支所、日生バイオ(株)、北海道立食品加工研究センター
サポート機関等 地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

(株)大一大和屋食品は、平成19・20年度に農林水産省「食料産業クラスター展開事業」で植物性乳酸菌を添加した漬物(ハスカップ漬、にしん漬)の製品開発に取り組み、展示会などで良好な反応を得ることができたハスカップ漬の事業化を進めることとした。
 そうした中、事業化を進めるにあたり、苫小牧地域で収穫される良質なハスカップに着目し、豊富な栽培経験を有する長峯修に相談したところ、その趣旨に賛同を得て連携事業を開始することとなった。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

新商品の漬物は、ハスカップの独特の風味と色を活かした高付加価値化を実現するため、苫小牧地域で収穫されたハスカップの原液に、植物性乳酸菌を添加した大根、かぶ漬けを製造・販売する。
 さらに、早生と呼ばれる熟す前の酸味の強いハスカップを使い、玉ねぎなど100%北海道野菜を漬け込んだ漬物を開発・製造し商品構成を整えて市場開拓を行う。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・・・1,500万円(平成23年度)
  • ハスカップを使った商品の新たなジャンルの確立
  • ハスカップの安定的な供給先確保による経営の安定化

代表企業等の連絡先

代表者:
(株)大一大和屋食品
所在地:
北海道苫小牧市樽前202番地
電話番号:
0144-67-0555
FAX番号:
0144-67-0598

認定日:2009年2月20日



このページの先頭へ