本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2008年度 第3回認定]
IT農業の実践によって栽培された高品質穀物・野菜の超微細加工による粉粒体(μフーズ)の開発

連携体 中小企業者:(株)イソップアグリシステム(製造業)
農林漁業者:(株)はまほろ(農業)
連携参加者:(株)システムサプライ
サポート機関等 地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

(株)はまほろは、地域の14戸の農家が集まって設立した農業生産法人で、耕作面積は518haと北海道内最大級の規模を誇るが、広大な圃場の効率的管理に苦慮していた。
 一方、(株)イソップアグリシステムは、自らIT農業を実践するとともに、新たに低温乾燥・低温粉砕する設備を導入したことから、μフーズの製造に必要な、多量の高品質作物の調達先を探していた。
 そこで今回、両者が連携することにより、IT農業の新たな実践による高品質作物を活用し、食品加工会社等のニーズに合わせたμフーズを開発することとなった。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

新商品のμフーズは、大豆や麦、玉葱などの超微細粉末で、低温乾燥とせん断による粉砕により数十〜数百μmの粉体であり、一般的な製粉方法に比べ、穀物や野菜が本来持っている香りや機能性成分がより多く維持され、貯蔵性・加工性に優れている特徴を有しており、食品加工会社等に対して市場開拓を行う。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・・・1億円(平成24年)
  • IT農業の実践による効率的生産・高品質作物の生産
  • 環境保全型農業への移行

代表企業等の連絡先

代表者:
(株)イソップアグリシステム
所在地:
北海道北見市端野町2区252番地
電話番号:
0157-26-1000
FAX番号:
0157-24-2873

認定日:2009年2月20日



このページの先頭へ