本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2008年度 第2回認定]
特別栽培農産物にこだわった大豆粉入りラーメンの開発

連携体 中小企業者:(株)MOVE(食品卸売業)
農林漁業者:(有)余湖農園(農業)
連携参加者:(株)エイチ・ビー・シー・フレックス、(株)エコニクス
サポート機関等 地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

(有)余湖農園は、健全な土作りと安全・安心な農作物にこだわり、昭和58年から特別栽培に取り組んでいるが、冬期の売上減への対応、規格外農作物の有効利用といった課題を解決すべく、農産物を加工品として活用したいと考えていた。
 一方、(株)MOVEは、生ラーメンの麺に大豆粉を混合させることにより、国産小麦だけでは得られなかった生ラーメンのしこしこ感を出す製品を開発してきたが、次のステップとして、さらなる原材料へのこだわりを追求していた。
 この両者が連携し、新たな事業に取り組むこととなった。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

麺の原料となる小麦・大豆のみならず、具材の乾燥野菜も含めて特別栽培にこだわった原材料を使用することで、「食の安全・安心」を求める消費者に、生産者の顔が見える商品を提供する。さらに、大豆粉の混合比率や、適切な品種の選択等の検討を通じて、「おいしい」生ラーメンを開発する。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・・・・1,500万円(平成22年度)
  • 良質な地場農産物の利用度向上、有効活用
  • 輪作体系の確立と大規模経営の実践による農業者の経営安定化
  • 「大豆」を活用した恵庭ブランドの構築

代表企業等の連絡先

代表者:
有限会社余湖農園
所在地:
北海道恵庭市北島36番地
電話番号:
0123-37-2774
FAX番号:
0123-37-2779

認定日:2008年11月28日



このページの先頭へ