本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2008年度 第1回認定]
ホワイトアスパラを活用した食酢と道産野菜のピクルス食品の開発

連携体 中小企業者:(株)大金(製造業)
農林漁業者:営農集団ファームホロ(農業)
連携参加者: 
サポート機関等 地域活性化支援事務局、NPO法人北海道バイオ産業振興協会(HOBIA)

事業概要

連携の経緯

(株)大金は、従前から北海道産原料で調製した食酢を販売し、首都圏を中心としたリピーター客を獲得していた。
 一方、営農集団フォームホロは、建設会社の農業部門として設立し独立、ホワイトアスパラの冬期伏せ込み栽培に成功していた。
 この両者が「フーズ&アグリ・バイオ活性化事業」(事業主体:HOBIA)を通じて出会い、連携事業を開始することとなった。


新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

ホワイトアスパラの細物規格外品を利用した新商品「アスパラ酢」及び「ピクルス」を製造・販売する。
 更に、新品種の野菜や果実を組み合わせて、「新ピクルス食品」を開発・販売する。
 食酢とピクルス食品の素材を同一とすることで日本人の味覚に合う商品とするとともに、原材料から最終商品まで、生産者の顔がすべて見える、安心・安全な食品としてトレーサビリティーを明示した市場開拓を行う。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・・・・・2,000万円(平成22年度)
  • 廃棄していたアスパラ細物規格外品が売上に貢献
  • 冬期の出荷が可能となるため農業経営が安定化
  • 休耕地等の活用

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社大金
所在地:
北海道旭川市豊岡2条3-3-14
電話番号:
0166-31-4036
FAX番号:
0166-34-7050

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ