本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[北海道] [2008年度 第1回認定]
奥尻島産「真ほっけ」と高品質冷凍保存技術の組み合わせによる新商品開発

連携体 中小企業者:(株)おくしり桜水産(製造業)、 (株)Thermodynamic Systems(製造業)
農林漁業者:木村 清美(漁業)
連携参加者: 
サポート機関等 地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

(株)おくしり桜水産は、地域に新たな産業を生み出したいとの思いから、漁業者である木村清美とともに商品開発を進める中、 (株)Thermodynamic Systemsの持つ高品質冷凍保存技術を知った。
 3者は、それぞれ経営資源を持ち寄ることにより、輸送時間・コストという離島ゆえのハンデを克服し、地域の生産者が報われる仕組みを作り出すことが可能になると考え、連携事業を開始することとなった。


新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

奥尻島の真ほっけを原料に、解凍後も鮮度を損なわない新商品「刺身用ほっけ(冷凍フィーレ商品)」を開発・販売する。
 特殊技術で製造した人工海氷に漬け込むことで臭みを取り除き、特殊な急速冷凍技術を用いることで、北海道産の天然素材を、おいしい、新鮮な状態のまま、手ごろな値段で時期に関係なく提供できる「刺身用ほっけ」の市場開拓を行う。



連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・・・・・1.4億円(平成22年度)
  • 本連携に伴う新規雇用創出者数・・・・24名(平成22年度・連携体全体)
  • 値がつかず廃棄されていた水産物の有効活用
  • 地域ブランド「おくしり桜ほっけ」の創出

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社おくしり桜水産
所在地:
北海道奥尻郡奥尻町字奥尻741
電話番号:
01397-3-2090
FAX番号:
01397-3-2090

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ