本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[広島県] [2009年度 第2回認定]
規格外品等を利用したアスパラパウダー関連商品の開発と販路開拓

新たに開発した乾燥技術を用いて世羅町で生産されるアスパラガス(広島県生産高第2位)の端材と規格外品を利用したパウダー及び関連商品についての開発・販路開拓を行う。

連携体

農林漁業者 JA尾道市(農業)

アスパラガスの根元の端材、開いた穂先や茎が湾曲した規格外品の有効利用を図り、売上の拡大と廃棄コストの削減を図る。
中小企業者 こだま食品(株)(食料品製造業)

従来の乾燥技術と新規に導入する乾燥技術を組合わせて、アスパラガスのパウダーを製造。本パウダー及び関連商品の販売拡大を図る。
連携参加者 世羅高原6次産業ネットワーク、こだま試験農場(株)

本関連商品の地元への販売と市場評価情報の入手を行う。一次加工を行いこだま食品(株)に供給する。
サポート機関等 世羅町、地域活性化支援事務局

連携の経緯

大量に廃棄され市場に流通しないアスパラガスの端材と規格外品の有効活用に目をつけた世羅町、世羅高原6次産業ネットワーク、JA尾道市と、乾燥野菜の粉末化による事業拡大を検討していたこだま食品(株)が結び付き事業を開始した。

連携に当たっての課題や工夫

JA尾道市は、規格外品等のアスパラガスの安定供給と需要拡大にあわせて冷蔵保管庫を導入するまた農家が選別している規格外品の量及び品質の確保と作付面積の拡大を行う。こだま食品(株)は、コストパフォーマンスの高いハイブリッド乾燥技術を確立し、アスパラガスの抗酸化力を活かした生活習慣病予防目的のアスパラパウダーを二次加工業者に提供するだけでなく地産地消としてポタージュスープを地元消費者に販売する。


連携による効果

農林漁業者 5年で700万円の売上高増加、規格外品の有効活用

端材・規格外品の利用により農業者の売上の拡大、廃棄コストの削減及び作付面積の拡大が期待される。
中小企業者 5年で9,500万円の売上高増加収益性の改善

二次加工事業者向け用途の売上増だけでなく、関連商品の一般消費者への販売により企業ブランドの向上が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
こだま食品株式会社
所在地:
広島県福山市駅家町法成寺1575-9
電話番号:
084-972-7777
FAX番号:
084-972-7700

認定日:2009年12月17日



このページの先頭へ