本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[広島県] [2009年度 第1回認定]
広島大学と共同開発した栄養機能食品「カルシウム黒豆」に広島県産黒大豆(光黒大豆)を使用した商品の開発及び販路拡大

地元産黒大豆を用いて骨粗鬆症予防目的の機能性食品としての菓子の開発と販路拡大を行う。

連携体

農林漁業者 広島中央農業協同組合(農業)

現在は栽培していない黒大豆を耕作放棄地で栽培し、本商品に適したサイズの大豆を安定的に提供する。
中小企業者 株式会社イシカワ(食料品製造業)

骨粗鬆症予防の機能性食品である「カルシウム黒豆」シリーズを開発し、全国の中高年齢者層へ販路拡大する。
連携参加者 広島大学

摂取し易いカルシウムの開発の技術指導や骨粗鬆症に対する評価実験を支援する。
サポート機関等 地域活性化支援事務局

連携の経緯

嗜好食品から機能性食品への事業展開を図るとともに、地元から主材料となる黒大豆の調達先を探していた(株)イシカワと、白大豆の栽培実績があり米作以外の農産物による農家の収入アップを狙っていたJA広島中央の思惑が合致し、連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

光黒大豆の品種は北海道地区の栽培が主で滋賀県以西の栽培実績がなかった。そこで、JA広島中央は白大豆の栽培実績のある農家に栽培を依頼するだけでなく、営農指導員による栽培指導に取り組む。(株)イシカワは広島大学と共同開発したカルシウム加工技術をもとに商品の開発を行い、利益の薄い嗜好食品から収益性の高い機能性食品への事業転換を図る。


連携による効果

農林漁業者 5年で1,000万円の売上高増加、耕作放棄地20haの有効活用

農地の活用が図られるだけでなく、米作農家の黒字転換による農業経営の安定に貢献すると期待される。
中小企業者 5年で9,000万円の売上高増加、収益性の改善

骨粗鬆症予防の機能性食品に向けた事業展開を図ることにより売上の増加と収益性の改善が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社イシカワ
所在地:
広島県広島市南区東雲1-16-25
電話番号:
082-285-7861
FAX番号:
082-285-7880

認定日:2009年6月24日



このページの先頭へ