本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[広島県] [2008年度 第1回認定]
加工冷凍食品製造技術と広島カキのノンスケルスチーム製法による安心、安全な「広島蒸しカキの調理冷凍食品シリーズ」の商品開発と販路の開拓

連携体 中小企業者:(株)ポストごはんの里(製造業)
農林漁業者:宮本海産(水産業)
連携参加者: 
サポート機関等 広島県商工会連合会、地域活性化支援事務局

事業概要

江田島カキ筏と蒸しカキ

江田島カキ筏と蒸しカキ

連携の経緯

(株)ポストごはんの里では加工米飯が主力商品であるが、広島県の特産であるカキを素材とした主食となる冷凍調理食品の開発により経営基盤強化を図りたかった。一方、宮本海産はノンスケルスチーム製法による「蒸しカキ」の増産と安定した供給先の確保が必要であり両社が結びつくことになった。


広島蒸しカキめし

広島蒸しカキめし

新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

冷凍炊飯の温度変化によって起こしやすい白蝋化(お米から水分が抜け、蝋のようにボロボロになる現象)を防止する冷凍加工技術、蒸すと身が縮み風味が失われるカキを殻付のまま蒸すことにより身を縮めることなく殺菌できる加熱殺菌処理(ノンスケルスチーム製法)技術の融合。これにより本来のカキの風味を安心して味わえる「広島蒸しカキめし」ならびに「蒸しカキの冷凍調理食品」を開発した。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 地元特産品「カキ」の新たなビジネスモデル開拓
  • 販売不振の生カキに代わり、風味を活かし殺菌できる蒸しカキによる販売量の確保
  • 特殊冷凍加工技術による、カキ加工品の通年販売化で加工工場の稼働率向上が図られ、安定した雇用機会を創出

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社ポストごはんの里
所在地:
広島県広島市東区東蟹屋町5-6
E‐mail:
reito@gohannosato.co.jp
電話番号:
082-824-3720
FAX番号:
082-824-1796

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ