本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[群馬県] [2008年度 第2回認定]
減農薬で育てた群馬片品村の「大白大豆」を丸ごと使った(おからを出さない)豆腐の開発・販売

連携体 中小企業者:(有)尾瀬ドーフ(豆腐・油揚製造業)
農林漁業者:高山庫一(米作以外の穀作農業)
連携参加者:速水博、星野洋、勢多農林高等学校
サポート機関等 (財)群馬県産業支援機構、地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

(有)尾瀬ドーフは将来に向けて、経営の安定のため、付加価値の高い新商品の開発に迫られていた。一方、農業者である高山庫一氏は高齢者でも可能な軽作業、しかも高収入が期待できる農業の改善が急務であった。今回、双方が有機的に連携することで、お互いの欠点を補完をすることができ、双方の悩みが解消される。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

「大白大豆」は標高約800mの高地、「片品村」の地域・気候に限定された大豆であり、この地域に合った減農薬・無農薬、また密植栽培等の栽培技術が必要とされる。「大白大豆」は研究機関の分析結果から、他の大豆より糖質が高く、一方脂質は低いことが判明している。この特性を一層活かすために、これを『超微粒の粉末』にし、おからを含む豆腐の製品化を行う。豊潤な甘みがあり、他に類のない豆腐であり、本物・健康・美容志向をもつ首都圏等のターゲットに向け市場化を進める。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高600万円(平成24年度)
  • 地域ブランド「大白大豆」のブランドの確立
  • 都市部顧客への販売と地域のイメージアップ
  • 大豆畑見学・栽培体験学等、顧客と地元の交流による地域活性化
  • 大白大豆栽培農家の拡大

代表企業等の連絡先

代表者:
有限会社尾瀬ドーフ
所在地:
群馬県利根郡片品村大字築地123
電話番号:
0278-58-3480
FAX番号:
0278-58-3409

認定日:2008年12月16日



このページの先頭へ