本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[岐阜県] [2011年度 第2回認定]
岐阜県産の淡水魚「大ます」の希少な切り身加工品による地産地消商品の製造販売事業

ニジマスの三倍体魚である希少な「大ます」を切り身とした加工品を製造、学校給食用の食材や土産品として販売することで、海のない岐阜県において水産物での地産地消の取り組みを広げていく。

連携体

農林漁業者 杉島漁業生産組合(水産養殖業)

切り身加工に適した大きさ(1尾3kg程度)までに養殖した「大ます」を、(有)和幸の製造計画に応じて安定的に供給する。
中小企業者 (有)和幸(食料品製造業)

海産物が市場の多くを占める魚類加工品にあって、三倍体の淡水魚の特性を活かした加工品を製造・販売する。
サポート機関等 岐阜県、(財)岐阜県産業経済振興センター、(独)中小機構中部

連携の経緯

岐阜県岐阜市で水産物の加工と販売を営む(有)和幸は、学校給食向け加工品を提供する中で、地元の味噌や野菜を使うなど地産地消をコンセプトに商品作りを展開してきた。そのなかで、「魚自体を岐阜県産の淡水魚にできないか」というニーズを受け商品開発を試みたが、一般的に淡水魚は身が小さく切り身にできなく、また学校給食用としての材料コスト上、折り合いがつかない状態であった。
 そこで、県内の養殖業者をあたり、加工に向いた魚種を検討する中で、杉島漁業生産組合が養殖する「大ます」と出会う。同組合は「大ます」のブランド化による経営改善を目指すも供給先の確保が課題であった。両者での交渉の結果、安定的な供給体制を構築することで連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

(有)和幸は、陸揚げ後に1次加工(臓物除去等)された冷凍海水魚を仕入れ、2次加工(3枚おろし等)して供給してきたが、本連携にあたっては、冷凍せずに生の状態で調達する「大ます」を、きれいな切り身に加工することが大きな課題であった。そのために、(有)和幸自ら冷蔵状態のまま1次加工を行うとともに、独自仕様の3枚おろし加工機等を導入することで、作業時間の短縮化と一定の大きさの切り身に加工することが実現できた。
 また、杉島漁業生産組合では、切り身加工品としての商品価値を決める大きさ、適度な脂身、色合いを実現するために、配合飼料の改良や養殖環境の改善に取り組むとともに、養殖期間の短縮化による(有)和幸への安定供給体制を構築した。


連携による効果

農林漁業者 5年で2,000万円の売上高増加、岐阜県産「大ます」の認定度向上

安定的な供給先が確保されることで、養殖設備の稼働率向上による経営改善と「大ます」の認知度向上が期待される。
中小企業者 5年で3,000万円の売上高増加、地産地消商品の取扱の拡大

これまで提供できなかった淡水魚の業務用チルド加工品やそれをベースにした土産用冷凍加工品を提供することで、地域における地産地消の取り組みを促進するとともに、新たな商品展開による経営の向上が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
(有)和幸
所在地:
岐阜県岐阜市東中島3-14-12
電話番号:
058-259-4766
FAX番号:
058-259-4767

認定日:2011年9月29日



このページの先頭へ