本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[岐阜県] [2009年度 第2回認定]
未利用短イグサを活用した石けん等の製造・販売事業

従来、利用されなかったイグサの端材等を活用し、イグサ本来の香りや特性を活かした石けん等を製造・販売する。

連携体

農林漁業者 酒井泰四郎(農業)

低農薬栽培の中でも、農薬使用量が少ない早期栽培のイグサをエキス抽出に適した形態に加工後提供する。
中小企業者 (有)田宮製畳(化学製品卸売業)、協同組合エスウッド(その他の製造業)、(株)ダイヒットカンパニー(その他の小売業)

未利用短イグサを活用し、エキス抽出技術提供や化粧箱用のイグサボード製造を行い、石けん等の新商品を企画・販売する。
連携参加者 パーベルケミカルズ(株)

提供された未利用短イグサからエキスを抽出してイグサ石けんを製造する。
サポート機関等 岐阜県商工会連合会、地域活性化支援事務局

連携の経緯

畳表に使用するイグサは長さ90cm以上が必要である。短いイグサや端材は肥料化するか、廃棄されていた。これら未利用短イグサの活用方法を模索していた酒井泰四郎と(有)田宮製畳が、農商工連携体構築支援事業の支援を受けながら、合板技術を持つ協同組合エスウッドと、商品企画・ノウハウ・販路を持つ(株)ダイヒットカンパニーと連携事業を開始した。

連携に当たっての課題や工夫

イグサには、リラックス効果や学習効率の向上効果、さらには抗菌性があると言われている。洋間中心の生活様式の増加により、イグサに接する機会が減少する中でも、依然として畳の香りに対する人気は高い。これらの効果を有効活用するため、洗顔用石けんに加工して、イグサの特性を活かした商品企画・販売を行う。販売は主にインターネットを利用する。


連携による効果

農林漁業者 4年後350万円の売上高増加、国産イグサの需要拡大

従来、廃棄していた未利用短イグサの活用により新たな収益性を確保し、新規需要開拓によりイグサ需要の拡大が期待される。
中小企業者 4年後5,130万円の売上高増加、畳表以外の新たな用途の開拓

イグサの持つ芳香成分や優れた特性を活かしたイグサ関連商品を企画・販売することにより、新たな収益性を確保する。

代表企業等の連絡先

企業等名:
有限会社田宮製畳
所在地:
岐阜県安八郡神戸町丈六道318番地3
電話番号:
0584-27-2298
FAX番号:
0584-27-8673

認定日:2009年9月18日



このページの先頭へ