本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[岐阜県] [2008年度 第3回認定]
中山間地活性化を目指す高品質米「龍の瞳」の生産・販売事業

連携体 中小企業者:(資)龍の瞳(飲食料品卸売業)
農林漁業者:農業生産法人まんま農場(農業)
連携参加者:
サポート機関等 高山北商工会、地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

(資)龍の瞳は、米の新品種「いのちの壱」の発見者で、商標権をもっており、この米を普及させていく上でパートナーを探していたところ、同じ飛騨地域の農業生産法人まんま農場から熱心な申し出があった。農業生産法人まんま農場は、中山間地活性化を掲げ、地元の休耕田を取り入れて規模の拡大を図りながら、安心安全でおいしい米作りに真摯に取り組んできた。こうした姿勢に共感し、連携を組むこととなった。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

この品種の特徴は、大粒(コシヒカリの1.5倍)、粘り、香り、弾力性、甘みがあることで、「全国米・食味分析鑑定コンクール」で3年連続(H18〜20年)金賞を受賞した。
 今後、同品種の無農薬栽培(不耕起栽培)技術を導入し、地域自然環境の保全を図りながら、収量の拡大を目指す。また、収穫後は、良質米のみを選別、氷温貯蔵により旨みを増加させた米を「龍の瞳」ブランドで流通させる。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高12,000千円(平成24年度)
  • 飛騨地方の中間山間地における高付加価値米栽培の振興
  • 「龍の瞳」の里としての地域興しによる観光業の活性化

代表企業等の連絡先

代表者:
合資会社龍の瞳
所在地:
岐阜県下呂市萩原町宮田415
電話番号:
0576-54-1801
FAX番号:
0576-54-1836

認定日:2009年2月25日



このページの先頭へ