本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[岐阜県] [2008年度 第3回認定]
「モロヘイヤ」「大麦若葉」「里芋」を原料とする乾燥および冷凍加工食品の製造販売事業

連携体 中小企業者:八尋産業(株)(食料品製造業)
農林漁業者:長谷川幸鑛(農業)
連携参加者:福井豊彦、小池勝一、上野治美、上野登志子(以上、農業)
サポート機関等 (財)岐阜県産業経済振興センター、地域活性化支援事務局

事業概要

大麦若葉

大麦若葉

連携の経緯

八尋産業(株)は、野菜の色調や栄養価を保つ殺菌と乾燥技術を活用した大麦若葉・里芋(親芋)の乾燥加工食品と、冷凍設備を導入して行うモロヘイヤ及び里芋(子芋)の冷凍食品開発を計画した。原料である、大麦若葉、モロヘイヤや里芋を安定して低コストで調達するには、一次加工(乾燥)することが求められ、長谷川幸鑛が地元の農業者を代表し、栽培と一次加工を実施することで協力・連携体制を構築して生産に取り組む。


乾燥大麦若葉粉末

乾燥大麦若葉粉末

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

食料自給率の向上や、廃棄野菜の有効利用、安心安全な国産野菜へのニーズが高まる中、独自の殺菌と乾燥技術を活用することにより、色調や成分の変化が少ない乾燥加工食品が生産できる。また、商品価値が低い部分を乾燥粉末化することで、従来廃棄されていた部位も商品化できる。すでに既存取引先をはじめ数社から問い合わせや引き合いが寄せられている。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高3,500万円(25年度)
  • 地元新規雇用人員10名(八尋産業8名、長谷川幸廣2名)
  • 農業者の経営改善(安定経営の確保と高齢者の活用)
  • 規格外品や未利用農産物の有効活用
  • 土地の有効活用

代表企業等の連絡先

代表者:
八尋産業株式会社
所在地:
岐阜県美濃加茂市森山1-8-11
電話番号:
0574-26-3981
FAX番号:
0574-26-7404

認定日:2009年2月25日



このページの先頭へ