本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[岐阜県] [2008年度 第2回認定]
低温蒸気加熱乾燥によるドライ野菜缶詰の製造販売事業

連携体 中小企業者:株式会社エフ・ジー、株式会社キング印刷紙工
農林漁業者:有限会社野菜クラブ千葉
連携参加者:
サポート機関等 中部地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

(株)エフ・ジーは、新規事業として、特許乾燥法である低温蒸気加熱乾燥によるドライ野菜を缶詰とし、非常食や健康食品として全国展開することを企画。鮮度が高く、減農薬で育てたこだわりの野菜を生産・仕入し、かつ乾燥設備を導入できる農業者として(有)野菜クラブ千葉と連携。(株)エフ・ジーが乾燥ノウハウを提供し、(有)野菜クラブ千葉がドライ野菜の生産を行う。そして、ドライ野菜の缶詰へのパッキング、包装・ラベルの企画・印刷、保管、流通の一貫や缶詰化に係る管理ノウハウを持つ事業者として(株)キング印刷紙工と連携。(株)エフ・ジーが、乾燥野菜缶詰の販売を行う。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

低温加熱乾燥を行った野菜は、フリーズドライ等の従来の製法によるものと比べ、大幅に風味や栄養分に優れている。また、過去に例を見ない「乾燥野菜缶詰」として、保存期間も5年と長い。食の安心・安全や健康志向の高まりに対するニーズのみならず、大規模震災等に備えた非常食としてのニーズも高く、大きな需要が期待できる。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 豊作で価格が下落する野菜の安定的な供給
  • 規格外の野菜の有効活用
  • 新商品の売上 約85,000千円(エフ・ジー)
  • 非常食に有意な商品の提供

代表企業等の連絡先

代表者:
(株)エフ・ジー
所在地:
岐阜県羽鳥市福寿町千代田1-23-2
電話番号:
058-394-3031
FAX番号:
058-393-0898

認定日:2008年12月22日



このページの先頭へ