本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[岐阜県] [2008年度 第2回認定]
鶏糞とおからを活用した完全発酵有機肥料の製造販売事業

連携体 中小企業者:株式会社わかば
農林漁業者:有限会社和田ファーム
連携参加者:株式会社ゲン・コーポレーション
サポート機関等 岐阜県産業経済振興センター、地域活性化支援事務局

事業概要

和田ファーム鶏舎内

和田ファーム鶏舎内

連携の経緯

(株)わかばは、バーク(樹皮)肥料製造の発酵技術を活用して、取引先からペレット化した有機肥料の依頼を受け、鶏糞とオカラを混合して発酵させた有機肥料の開発を計画した。 有機肥料生産に必要な鶏糞は、鶏糞の水分量を調整する必要があり、この一次加工技術を有する(有)和田ファームと連携して有機肥料の生産に取り組むこととした。


ペレット化した有機肥料

ペレット化した有機肥料

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

有機肥料は、食の安全等の見地や岐阜県が推進する化学肥料等を削減した「ぎふクリーン農業」等からニーズが高まっている。こうした中、本有機肥料は、鶏糞とオカラを完全醗酵した肥料を製造・販売する事業。生産する有機肥料は、作物ごとに必要な栄養素が混合され、ペレット化することにより肥効が長時間維持することを可能とした。また、地域の種苗事業者や地元農業協同組合等のニーズを収集し、最適な肥料成分を有する有機肥料の生産に取り組む。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・2,000万円(平成23年度)
  • 高冷地野菜(トマト、ほうれん草等)の生産性向上
  • 農業者の経営改善(肥料コストの削減)
  • クリーンの農業への対応(化学肥料からの脱却支援)

代表企業等の連絡先

代表者:
(株)わかば
所在地:
岐阜県郡上市白鳥町那留1065
電話番号:
0575-82-5211
FAX番号:
0575-82-4822

認定日:2008年12月22日



このページの先頭へ