本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[岐阜県] [2008年度 第2回認定]
円空芋の親芋を活用した里芋焼酎の製造販売事業

連携体 中小企業者:(有)亀山酒店(小売業)
農林漁業者:間宮 勝(農業)
連携参加者:玉泉堂酒造(株)(製造業)、(株)ワタナベ本店(卸売業)
サポート機関等 岐阜県産業経済振興センター、中部地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

酒の小売り業を営む亀山酒店(株)は、地域の特産品である円空芋(里芋の一種)の知名度アップのため、円空芋の親芋を使った芋焼酎を考案。(株)ワタナベ本店、玉泉堂酒造(株)の協力により、円空芋焼酎を試験製造。事業化に必要な円空芋の生産者は、関市から中濃里芋生産組合を紹介。円空芋の生産者も商品にならない親芋の廃棄に困っており、組合長の間宮勝と亀山商店(株)が連携して、「円空芋焼酎」の事業化を取組む。


円空芋焼酎

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

円空芋焼酎は、日本酒つくりの技術を活用したことにより、円空芋の風味が生かされ、もろみの雑味や香味を抑えたクセのないすっきりとした口当たりが特徴。焼酎の中でも個性化嗜好を求める消費者が増えていることから、地域特産品の円空芋を使った今までにない風味の焼酎として、本格的な市場開拓を行っていく。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・2,000万円(平成25年度)
  • 本連携に伴う新規雇用創出者数・・・3名(平成25年度・連携体全体)
  • 地域ブランド「円空芋」の確立
  • 円空芋の親芋10トンの有効活用(平成25年度)

代表企業等の連絡先

代表者:
(株)亀山酒店
所在地:
岐阜県関市小屋名1020-2
電話番号:
0575-28-2155
FAX番号:
0575-27-0045

認定日:2008年12月22日



このページの先頭へ