本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[福島県] [2009年度 第3回認定]
いわきの太陽と天然酵素を使った肥料で育てた“自然派トマトソース”の開発・販売促進

化学肥料や農薬に頼らない自然農法で生産されたトマトを用いて、自然派トマトソースを開発・製品化し、販売促進に取り組む。

連携体

農林漁業者 (株)いわき遠野らぱん(農業)

天然酵素を使った自家製堆肥(天然酵素肥料)を使い、化学肥料や農薬に頼らない自然農法トマトを生産し、提供する。
中小企業者 遠野産業振興(事)(食料品製造業)

天然酵素肥料を使用して栽培したトマトを加工し、自然派トマトソースとして商品化し、販売する。
連携参加者 (株)アクアマリンパークウェアハウス(飲食店)

自社が経営する商業施設を活かし、新商品の情報発信と販路開拓の支援を行う。
サポート機関等 いわき商工会議所、地域活性化支援事務局

連携の経緯

いわき市遠野地区の地域おこし団体として、中山間地域である遠野の特色を活かした事業の展開をしてきた遠野産業振興(事)が、地域ブランドとして発展の可能性があるトマトに着目し、自然農法にこだわったトマトの栽培に取り組む(株)いわき遠野らぱんに連携を持ちかけ、取り組むことになった。

連携に当たっての課題や工夫

(株)いわき遠野らぱんは、トマト栽培に合った天然酵素を利用した堆肥を開発し、この堆肥を使った土壌改良などを行いながら、圃場の拡大を伴った生産体制の確立を進める。
 遠野産業振興(事)は、このトマトの特徴を最大限に生かした製品の開発に努めるとともに、これら自然派トマト加工商品の販路開拓に取り組む。また、生産と製造の過程で生ずる残渣を堆肥原料に利用し、地域内での資源の循環利用を図る。


連携による効果

農林漁業者 5年で390万円の売上高増加、自然農法によるトマト生産体制の確立と作付面積の拡大

自然農法によるトマト生産体制の確立と作付面積の拡大により収益の向上が図られる。
中小企業者 5年で1,300万円の売上高増加、高付加価値商品開発、資源の地域内循環利用の促進

付加価値の高い加工品の需要拡大により収益性の向上が図られるともに、地域内での資源の循環利用の促進が期待できる。

代表企業等の連絡先

企業等名:
遠野産業振興事業協同組合
所在地:
福島県いわき市遠野町上遠野字川張26-1
電話番号:
0246-74-1112
FAX番号:
0246-89-4868

認定日:2010年2月10日



このページの先頭へ