本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[福島県] [2008年度 第3回認定]
あんこ革命「新食感・新形状餡ペースト商品」の開発・販売とブランド確立

連携体 中小企業者:(有)餡のおおすか(餡製造業)
農林漁業者:羽染藤吉(農業)
連携参加者:
サポート機関等 福島県中小企業団体中央会、地域活性化支援事務局

事業概要

エゴマ

エゴマ

連携の経緯

(有)餡のおおすかでは、あんこが高カロリーであることばかりが注視され、ポリフェノールなどの機能性が評価されていないことから、安心・安全と高機能性が付加された餡製品の開発ができないか検討する中で、地域で生産されるエゴマが有するαリノレン酸などの機能性に着目した。
 エゴマ生産者である羽染藤吉は、「農産品を活用し、健康づくりのお手伝い」をポリシーに農産品生産と地域活動を行っており、健康をキーワードとして、両者で連携して事業を行うに至る。


餡ペーストとエゴマを使った和風プリン(試作)

餡ペーストとエゴマを使った和風プリン
(試作)

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

本事業では、国産小豆と広域会津産のエゴマを使い、安心・安全性、限定生産性、食品機能性(アンチエイジング)にこだわった餡ペーストを開発。スイーツ、調理用の素材として食感・形状に工夫を施すほか、自社製品で用途の開発を行いながら、あんこブランドの確立を目指す。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・1億1757万円(平成25年度)
  • 本連携に伴う新規雇用者創出数・・・5名(平成25年度・連携体全体)
  • 遊休農地へのエゴマ作付けによる休耕農地の解消
  • 本事業の取り組みによる関係産業の活性化を通じた地域振興促進

代表企業等の連絡先

代表者:
有限会社餡のおおすか
所在地:
福島県会津若松市日新町4-35
電話番号:
0242-27-0273
FAX番号:
0242-26-4601

認定日:2009年2月17日



このページの先頭へ