本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[福島県] [2008年度 第2回認定]
一品二役「旨み」と「甘味」を併せ持つ「超甘口料理酒」の開発・販売と料理酒ブランドの確立

連携体 中小企業者:合名会社大木代吉本店(清酒製造業)
農林漁業者:農業生産法人有限会社白河園芸総合センター(農業)
連携参加者:
サポート機関等 福島県中小企業団体中央会、地域活性化支援事務局

事業概要

発芽玄米(めばえもち)

発芽玄米(めばえもち)

連携の経緯

(名)大木代吉本店では、取引先等の要望から「料理酒の旨みと本みりんの甘みを兼ね備えた一品二役という料理酒の開発」に取り組み、原料米として日本で栽培されていなかった「オオチカラ」、「めばえもち」を(有)白河園芸総合センターとの連携により栽培試験を行い開発の目処をつける。
 原料米の完全なトレーサビリティを実現した上で、本格的に一品二役の超甘口料理酒の開発・販売を行うため、今回の連携に至る。


料理酒の醸造(写真はもろみ)

料理酒の醸造(写真はもろみ)

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

(有)白河園芸総合センターが生産する希少米「オオチカラ」及び「めばえもち」の2品種の発芽玄米(通常米よりGABA含むアミノ酸含有量2.5倍)を使い、(名)大木代吉本店の醸造技術により、人工添加物を用いずに旨味と甘味成分を十分含有する、一品二役の超甘口料理酒を開発・販売すると共に、料理酒分野でのブランドの確立を目指す。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 食文化の掘り起こしと、新しいオーガニック市場の開拓
  • 休耕田の再生と、減農薬栽培による環境保全

代表企業等の連絡先

代表者:
合名会社大木代吉本店
所在地:
福島県西白河郡矢吹町本町9
電話番号:
0248-42-2161
FAX番号:
0248-42-2162

認定日:2008年11月28日



このページの先頭へ