本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[福島県] [2008年度 第1回認定]
「川俣シャモ」のおいしさを最高に引き出した新しい食味の焼き加工品の開発

連携体 中小企業者:(株)川俣町農業振興公社(食肉製品製造業)
農林漁業者:(有)川俣シャモファーム(養鶏業)
連携参加者: 
サポート機関等 福島県中小企業団体中央会、地域活性化支援事務局

事業概要

シャモの飼育状況

シャモの飼育状況

連携の経緯

(株)川俣町農業振興公社は、川俣シャモの精肉、燻製、地鶏カレー等の加工品の製造販売を行っている唯一の企業である。(有)川俣シャモファームは、川俣シャモの孵化・育雛と成鶏までの飼育を唯一行っており、「川俣シャモ」は当社のみが使用する名称である。
 消費者に対する食の安心・安全が強く求められる中で、地鶏の希少性価値だけにとらわれず、採卵から加工品出荷まで一貫して管理することが両事業者間で可能であると考え、加工業者、飼育農家一体となり川俣シャモの特徴を活かした商品開発を行うこととなった。


シャモ丸焼き【イメージ】

シャモ丸焼き【イメージ】

新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

飼育〜販売まで一元管理された川俣シャモを、地元産飼料米・飼料原料の研究により肉質の改良を行うとともに、地元産の厳選された醤油・塩・野菜等を組み合わせた加工品専用の無添加のタレを開発し、新しい食味で安全・安心が確立された「川俣シャモの焼き加工品」を開発・販売する。また、ブランドイメージの向上を図り、販路拡大に取り組む。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 川俣シャモのブランドイメージ向上
  • 福島県ハイテクプラザ等地元の機関と連携し、地域活性化に貢献

代表企業等の連絡先

代表者:
川俣町農業振興公社
所在地:
福島県伊達郡川俣町小綱木字泡吹地8
電話番号:
024-566-5860
FAX番号:
024-566-5083

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ